平成26年度日本歯科医師会 / デンツプライ スチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム(SCRP)日本代表選抜大会で昭和大学 道家 碧さんが優勝

@Press / 2014年8月25日 11時0分

平成26年度 SCRP日本選抜大会 優勝者 昭和大学 道家 碧さん
平成26年度日本歯科医師会 / デンツプライ スチューデント・クリニシャン・リサーチ・プログラム(SCRP)日本代表選抜大会が、本年8月20日、東京都千代田区九段の歯科医師会館にて開催された。多くの見学者や協力者の見守る中、全国歯科大学 / 歯学部の28校の代表学生が英語による研究発表を行い、米国開催のSCRP大会へ参加する日本代表は、昭和大学 道家 碧さんに決定した。


SCRPは、歯科学生の研究意欲の向上、そして歯科医療の発展を担う歯科学生の育成を目的とし、歯科医師会主催で毎年実施されている英語による研究発表会である。現在では日本を含め世界36か国において、各国歯科医師会の主催により開催され、その優勝者は米国に集い、SCRP国際大会において研究発表を行う。

このプログラムは、1959年にアメリカ歯科医師会(ADA)が、創立100周年を迎えることを記念し、デンツプライ社が後援として創設された。米国では1度の中断もなく継続され、今年で54回目の開催となる。また、その間、世界5大陸、39か国に拡大し、日本では1995年(平成7年)度にスタートした。

日本において20回目の記念大会となった本年度は、28校が参加し、大学の代表学生が白熱したポスタープレゼンテーションを行い、臨床部門・基礎部門における上位入賞をめざして競い合った。

<参加校>
北海道大学歯学部・北海道医療大学歯学部・岩手医科大学歯学部・東北大学歯学部・東京歯科大学・日本大学松戸歯学部・明海大学歯学部・東京医科歯科大学歯学部・日本歯科大学生命歯学部・日本大学歯学部・昭和大学歯学部・鶴見大学歯学部・神奈川歯科大学・松本歯科大学・新潟大学歯学部・日本歯科大学新潟生命歯学部・愛知学院大学歯学部・朝日大学歯学部・大阪大学歯学部・大阪歯科大学・岡山大学歯学部・広島大学歯学部・徳島大学歯学部・九州大学歯学部・九州歯科大学・福岡歯科大学・長崎大学歯学部・鹿児島大学歯学部

上位入賞者は、下記の結果となった。

■優勝 / 日本代表:基礎部門第1位 昭和大学歯学部6年生 道家 碧さん
●研究テーマ
歯周病原細菌の産生するヌクレアーゼの解析

■準優勝:臨床部門第1位 日本大学歯学部5年生 神田 舞さん
●研究テーマ
OCTを用いたバイオアクティブガラス含有歯磨剤がエナメル質の脱灰に及ぼす影響の検討

■臨床部門第2位:大阪歯科大学5年生 三上 優さん
●研究テーマ
睡眠中のアロマテラピーはSIgAの分泌促進と唾液中細菌数の減少を促進する

@Press

トピックスRSS

ランキング