ガルーダ・インドネシア航空、スカルノ・ハッタ国際空港に優先セキュリティゲート「Fast Track Security Check Point2」設置

@Press / 2014年8月25日 17時30分

Fast Track Security Check Point2
ガルーダ・インドネシア航空(本社:ジャカルタ、インドネシア)は、2014年8月17日(日)、ジャカルタ スカルノ・ハッタ国際空港国内線ターミナルにて、社長兼最高経営責任者 エミルシャ・サタルとスカルノ・ハッタ国際空港管理会社「Angkasa Pura II(アンカサ・プラII)」CEO トライ・スノコ氏と共に「ファスト トラック セキュリティチェックポイント2 (Fast Track Security Check Point 2)」のサービス開始を発表しました。


「Fast Track Security Check Point 2」は、スカルノ・ハッタ国際空港の国内線及び国際線の出発ターミナルで実施される2番目のセキュリティチェックを専用ゲートにて優先的に受けることができるサービスで、ファーストクラス、ビジネスクラス、ならびにスカイチームエリート、スカイチーム・エリート・プラス、ガルーダマイルズプラチナメンバーのお客様が対象となります。

これは、ガルーダ・インドネシア航空がより快適な空の旅をお届けするための取り組みであり、このサービス導入により、ターミナル2から出発するおよそ179便のガルーダ・インドネシア航空の出発に際し、セキュリティゲートの長い列に並ぶことなく、搭乗口へと向かうことができるようになります。

また2014年2月には、サービス向上の一環として、スカルノ・ハッタ国際空港ターミナル2Eエリア内にファーストクラスのお客様専用「ガルーダ・インドネシア ファーストクラスラウンジ」を新設。ビジネスクラス及びスカイチームエリート、スカイチーム・エリート・プラス、ガルーダマイルズプラチナメンバーのお客様を対象とした「ビジネスクラスラウンジ」のリニューアルも実施。新設された「ガルーダ・インドネシア ファーストクラスラウンジ」は、インドネシア国内初で唯一のファーストクラス専用ラウンジとなります。

「ガルーダ・インドネシア ファーストクラスラウンジ」及び「新ビジネスクラスラウンジ」では、五感で感じるインドネシア「ガルーダ・インドネシア・エクスペリエンス」をサービスコンセプトに、立体的なインドネシアの伝統織物や人形、ホナイ(パプア州の家屋)の内装、トンダノ湖とブナケン島の美しい絵画など、インドネシアの雰囲気をお楽しみいただけます。

「ガルーダ・インドネシア ファーストクラスラウンジ」には、マッサージルームやシャワールーム、VIPラウンジ、プレイルーム(礼拝室)を設置。お客様はグランドピアノの演奏が流れる中、ダイニングルームで五つ星クラスの料理を味わいながら、搭乗までの時間を優雅にお過ごしいただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング