日本ブレケケ、KDDI 光ダイレクト回線の接続認定を取得

@Press / 2014年8月26日 10時0分

株式会社日本ブレケケ(本社:東京都豊島区、代表取締役:山出 晋)は、KDDI 光ダイレクトIP電話回線の直収接続認定を取得した『Brekeke PBX』最新バージョンを9月15日より提供開始します。既に『Brekeke PBX』バージョン3以上をご利用中の皆様は、無償アップグレードにより新機能をご利用可能となります。


■IP接続可能なKDDI 法人向けIP電話サービスについて
・「KDDI 光ダイレクト」
・「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」
・「auひかり ビジネス」


■『Brekeke PBX』にてKDDI 光ダイレクトを利用するメリット
・『Brekeke PBX』はIPのまま直接光ダイレクトに接続します。ゲートウェイなどの外部機器が必要なく、安価にKDDI 光ダイレクトのサービスが利用出来ます。
・IP電話ゲートウェイやSBC(Session Border Controller)を必要としませんので、遅延の少ない高品質の通話が出来ます。
・1契約で500chまでのご利用が可能です。契約を追加していただくことにより、1アクセス回線で最大1,000chまでご利用いただけます。(『Brekeke PBX』は最大2,000ch同時接続可能)大型のコールセンターや大企業のオフィスにも利用できます。
・高効率のアウトバウンド業務が出来ます。『ブレケケ・コンタクトセンター・スイート』のプレディクティブダイヤラー機能を利用すれば、KDDI 光ダイレクトの高速接続性能を最大限利用して効率の良い発信業務が出来ます。
・0AB~J番号と050番号の両方のサービスがご利用いただけます。
・KDDIフリーコールサービス(0120番号 / 0800番号)がご利用頂けます。
・0AB~J番号(03や06など従来の電話番号)をご利用される場合は、緊急通報(110番、119番、118番)にも対応しております。


■『Brekeke PBX』について
・クラウドサービス、オンプレミスに両対応したIP PBXシステムです。
・日本国内で10年以上の導入実績があります。世界50ヶ国で利用されています。
・『ブレケケ・コンタクトセンター・スイート』を追加することにより、1台のIP PBXでオフィス機能とコンタクトセンター機能の両方が同時に利用できます。コンタクトセンターとバックオフィスの連携を簡単に実現します。
・全通話録音機能、音声応答装置(IVR)も標準装備しています。
・他にも多くの国内IPキャリア回線を直収できます。


■会社概要
商号  : 株式会社日本ブレケケ(英語名:Brekeke Japan, Inc.)
設立  : 1999年12月
所在地 : 〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-39-8
代表  : 代表取締役 山出 晋
事業内容: SIPサーバサイド技術の研究開発
      IPコンタクトセンター・パッケージの開発・販売
      IP電話関連パッケージソフトウェア販売
      コンサルティングの提供、IPコンタクトセンター構築支援
      プレディクティブダイヤラーの開発
      テレカン君(無料電話会議サービス)の運営
URL   : http://brekeke.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング