日本メディカルネットコミュニケーションズ、ランサーズと業務提携 日本最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」へ医療系ジャンルでのディレクション機能を提供

@Press / 2014年8月27日 15時0分

歯科医療・美容関係の情報サイトを企画・運営する日本メディカルネットコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:平川 大、以下 JMNC)は、このたびランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋好 陽介、以下 ランサーズ)と業務提携契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。


◆業務提携の背景及び経緯
JMNCは、「からだ」・「健康」・「美」をテーマに、ポータルサイト運営事業やSEM事業、HP事業等のウェブマーケティングのワンストップソリューションを提供しております。特に歯科分野・医療分野において、長年培ってきた制作に関する知見を保有しております。
これらの知見を活かし、また国内最多の会員数を有するランサーズとタッグを組むことで、これまで以上のクオリティで制作物やサービスの提供が可能になります。
これまで専門用語や医療行為そのものへの理解度が障壁となり、過去に制作経験のないクリエイターには対応が難しかった医療系ジャンルの制作物に対して、JMNCが必要な要件整理やディレクションを担うことによって、クオリティの高い制作物をローコストかつスピーディに登録企業へご提供していくことができるようになります。


◆業務提携の概要
ランサーズは、運営するクラウドソーシングサービス「ランサーズ」において、高い専門性を必要とする医療系・歯科系に係る制作物のディレクションをJMNCへ依頼することにより、会員が質の高いコンテンツを登録企業へご提供することを可能といたします。
JMNCは、ランサーズが運営するクラウドソーシングサービス「ランサーズ」を、WEBマーケティングのワンストップソリューションサービスのイントロダクションとして医療系ジャンルの制作物の受注機会の増加へと繋げてまいります。


◆クラウドソーシングサービス「ランサーズ」とは
「時間と場所にとらわれない新しい働き方を提案し、人々の幸せに貢献する」ことをミッションとして展開する、日本最大級のクラウドソーシングサービスです。2008年12月より日本初のサービスを運営開始して以来、登録された仕事の予算総額は300億円を突破、上場企業を始めとし約90,000社にご利用いただいており、登録数は国内最多の約37万人となります(2014年7月現在)。「地域活性化」を目指し、47都道府県で交流会を行い、フリーランサー1人ひとりの声を集めるほか、地方自治体や行政とも協力体制を築き、社会と共に新しい働き方を創り上げていく姿勢を大切にしています。また、日本で初となる女性のフリーランス向け福利厚生サービスを開始したほか、育児等で時間の制約を受ける女性に、テレワークの機会を提供することで「女性の新しい働き方の提案」を行うなど、『個人のチカラをエンパワーメント』し、新しいワークスタイルの利便性向上・充実を目指しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング