「学生の宿題に関するアンケート」を実施、392名が回答 “最も苦戦した夏休みの宿題第1位”は「読書感想文」

@Press / 2014年8月28日 10時0分

夏休みの宿題で1番苦戦する(した)のはなんですか
メーリングリストサービス「らくらく連絡網」(会員数650万人)を提供する株式会社イオレ(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 直人)は、全国の「らくらく連絡網」の会員を対象に「学生の宿題に関するアンケート」を実施致しました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は、2014年7月7日(月)から7月22日(火)まで。有効回答は392名(男性:127名・32.4%、女性:265名・67.6%)から得られました。

株式会社イオレ: http://www.eole.co.jp/


【夏休みの宿題で最も苦戦したのは読書感想文、2位は自由研究】
<夏休みの宿題で1番苦戦する(した)のはなんですか?>
http://www.atpress.ne.jp/releases/50342/img_50342_1.jpg

夏休みの宿題で最も苦戦したものを聞いたところ、読書感想文と答えた人が一番多く、約4割を占めました。2位には自由研究が、3位には日記がそれぞれ入りました。

【夏休みの宿題をすべてやる人は全体の6割。全くやらない人もいる】
<あなたの宿題達成率はどのくらいですか?>
http://www.atpress.ne.jp/releases/50342/img_50342_2.jpg

夏休みの宿題の達成率を聞くと、夏休みに出された宿題をすべてやる人は全体の約6割で、ほとんど一通りやる人を足すと約9割となりました。「開き直って全くやらない」人は全体の0.8%でした。

【宿題は毎日コツコツやる人より、直前に慌ててやる人の方が多数派】
<あなたの宿題プランはどれですか?>
http://www.atpress.ne.jp/releases/50342/img_50342_3.jpg

宿題の取り組み方では、計画を立てて毎日コツコツやる人が約4割なのに対し、ノープランで最後に慌ててやる人が約6割で上回りました。


【宿題でやってしまったことの1位は「親に工作を手伝ってもらった」】
<あなたが夏休みの宿題でやってしまったことは?(複数選択)>
http://www.atpress.ne.jp/releases/50342/img_50342_4.jpg

夏休みの宿題で、やってはいけないけどやってしまったことの回答で最も多かったのは、約46%で「親に工作を手伝ってもらった」でした。僅差の2位は「日記が溜まって天気を新聞で調べた」、3位は「絵日記を架空のストーリーで書いていた」という結果になりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング