賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年8月および 関西圏・中京圏版 2014年8月 を発表

@Press / 2014年8月28日 10時30分

東京23区面積別TVI
 不動産評価Webサイト「TAS-MAP」( http://www.tas-japan.com/ )を運営する株式会社タス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:立野 良太郎)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年8月」および「賃貸住宅市場レポート 関西圏・中京圏版 2014年8月」を発表しました。


 首都圏版では「市場競争力の低い20m2未満の賃貸住宅(東京23区)」および「2014年6月期の1都3県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率、賃料指数)」を掲載しています。
 また関西圏・中京圏版では「二極化が進む大阪市各区の人口増減」および「2014年6月期の関西圏・中京圏賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率、賃料指数)」を掲載しています。
 これらの分析はアットホーム株式会社から提供を受けた、アットホーム全国不動産情報ネットワークに公開された情報若しくは成約状況を用いて行われています。


1.首都圏版の概要
(1) 市場競争力の低い20m2未満の賃貸住宅(東京23区)
 東京23区においては、20m2以上の賃貸住宅の更新確率は概ね45%ですが、20m2未満の賃貸住宅の更新確率は約35%と、とびぬけて低い値となっています。仮に残りの65%の半分が毎年入れ替わるとすると、20m2未満の賃貸住宅の募集期間は2014年3月時点で約3ヶ月ですので、空室損失及びテナント募集費用として、満室想定年間収入の約11%が毀損することになります。
 空室率TVIにおいても、20m2未満の物件の空室率は際立って高い値となっており、厳しい市場環境にさらされていることがわかります。
 東京23区の20m2未満の新規物件供給は、1991年をピークに減少傾向にありますが、それでも新規単身者向け物件の10%程度を占めています。

図 東京23区面積別空室率TVI推移へのリンク
http://www.atpress.ne.jp/releases/50348/img_50348_1.jpg


(2) 2014年6月期の1都3県賃貸住宅指標
 供給量増加の影響で東京23区の空室率TVIの上昇が継続しています。一方で東京23区の募集期間は短縮傾向にあります。これは市場競争力のある物件のテナント付けは順調に推移していることを示しており、市場競争力による賃貸住宅の二極化が進行していることを示唆しています。
 賃料指数は、神奈川県と千葉県は横ばい傾向ですが、それ以外の地域で上昇傾向が顕著になってきました。特に東京23区で前期に比較して大きく上昇しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング