リスト株式会社、女性社員主体のプロジェクト『MIRAI 図(みらいず)』始動 昭和女子大学・協力企業の社外女性も交えた商品開発と女性自身が自ら主役となって活躍できる場の創出

@Press / 2014年8月28日 10時30分

プロジェクトのロゴイメージ
 総合不動産会社のリスト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:北見 尚之)は、リストグループのダイバーシティ推進の一環として、かねてより準備を進めてまいりました、女性社員主体のプロジェクト『MIRAI 図(みらいず)』を始動いたしました。


 本プロジェクトは、リストグループの女性社員メンバーと、本プロジェクトの企画主旨にご賛同いただいた企業5社の女性社員、さらには産学連携としてご参画いただいた昭和女子大学の有志学生で構成される、「住まい」と「暮らし」の商品開発プロジェクトです。
 本プロジェクトでは、メンバー全員が3つのユニットに分かれ、各ユニットが別々の領域で商品開発を行います。本プロジェクトにて開発された商品は、具体的には2015年にリスト株式会社が供給する物件に採用される予定です。


■女性社員主体プロジェクト『MIRAI 図』発足の背景
 政府が成長戦略で進めようとしているように、女性活躍の推進はこれからの日本にとって大きな課題の一つです。具体的には、2013年4月に女性の就業率が過去最高の62%を超え、これに比例するかのように結婚年齢と初産年齢も上昇しています。そして、共働きという環境は育児の在り方にも大きな影響を及ぼしています。男性による育児も団塊ジュニア世代から比べれば目立ってきています。また、日本では少子高齢化も急速に進んでいます。

 上記のような社会の変化は、私たちが気づかないうちにそのライフスタイルを多様化させています。この状況のもと、【女性の視点から見たこれからの暮らし】というテーマで本プロジェクトは立ち上がりました。
 子育てをしていく為の社会環境や労働環境、住まいの中での家事の在り方、暮らしを育んでくれるコミュニティの在り方等、考え、そして解決していかなければならない事が実に多く存在します。その解決の為に「暮らし」「住まい」に求められるものは何なのか。本プロジェクトでは、上記のテーマに沿って、柔軟に対応したモノ・コト・サービスの開発を行ってまいります。

<プロジェクトのロゴイメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/50375/img_50375_1.jpg


■女性社員主体プロジェクト『MIRAI 図』の運営体制
本プロジェクトの運営体制は次の通りです。
◆リストグループ女性社員:10名(別途プロデューサー1名)
◆昭和女子大学学生   :11名(別途指導教員4名)
◆協力企業5社女性社員  : 5名

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング