「iBeacon」とソーシャルが連携したプロモーション支援サービスを9月1日より提供開始

@Press / 2014年8月27日 13時0分

サービスイメージ
ソーシャルメディアマーケティング支援事業を手がけるアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、証券コード:6081)は、「iBeacon」とソーシャルメディアが連携した企業向けのプロモーション支援サービスを9月1日より提供開始いたします。
これに伴い、新サービスに導入予定のBeaconソリューション「ACCESS(TM) Beacon Framework(ABF)」のプロバイダーである株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏伸哉、以下「ACCESS社」)の協力の下、サービス開始に先駆けて一連のプロモーション施策を無料で実施できる「お試しキャンペーン」への参加企業を8月27日より3社限定で募集いたします。参加企業には、開発キットやシステムの管理権限などをプロモーション期間内に限り無償で提供いたします。

■iBeaconとは
iBeaconは、Apple社の提供するiOS端末においてiOS7より標準搭載された近距離の無線通信で、発信機から出た電波をスマートフォンが受信する近距離無線システムです。小型かつ安価な発信機を店舗の入り口や商品棚などに設置することで、一定の距離に近付いた顧客に対してアプリを通じて商品情報などを発信することができます。近年、米国において注目を集めており、最近では日本国内でも実証実験やプロモーション活用を検討する企業が増加しています。

■サービス内容
アライドアーキテクツが提供するキャンペーン支援プラットフォーム「モニプラ」と、ACCESS社が提供するBeaconソリューション「ABF」が連携したサービスで、店舗や広告・販促物などに「Beacon」装置を組み込むことで、アプリを通じてユーザーをキャンペーンサイトへ誘導することができます。 
導入方法は、企業が提供する公式アプリにBeacon機能を組み込む「企業アプリ連動型」と、170万人のユーザーを擁する「モニプラ」の公式スマートフォンアプリを活用する「モニプラアプリ連動型」の2種類から選択することができます。Beaconが設置された店舗や広告物に、対象となるアプリを利用するユーザーが近付くと、自動的にBeaconを感知しスマートフォンにプッシュ通知を送信します。お得なクーポン情報やキャンペーン情報を発信することで、店頭に足を運んだユーザーをシームレスにキャンペーンへ誘導することが可能となります。
店舗と連動したO2Oプロモーションや、企業アプリのインストールユーザー拡大など、多様な目的にあわせてプロモーションを実施することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング