OECD東北スクール「東北復幸祭〈環WA〉」をフランスパリで初開催。国内でも一般公開型のパブリックビューイングを同時開催。

@Press / 2014年8月27日 18時0分

スクールに参加する皆さん
福島県庁 広報課(知事:佐藤 雄平)では、「ふくしまから はじめよう。」のスローガンの下で、県内外の人々が参加・交流する情報発信のプラットフォームとして、フェイスブックを中心に各部局が連携を図り一体感を持ってふくしまの「魅力」と「今」を国内外に発信しています。

◆フランスパリで東北の魅力を世界にアピールするイベントを初開催。
8月30日(土)~31日(日)の2日間、パリ市シャンド・マルス公園(エッフェル塔付近)で「東北復幸祭〈環WA〉 in PARIS」が開催され、このイベントに福島県も参加する事になりました。

「東北復幸祭in Paris」とは、2年半ほど前から福島県、宮城県、岩手県の3県の中高生が中心となって活動してきた教育復興プロジェクト「OECD東北スクール」の集大成として、東北の魅力と震災を乗り越える思いを伝えるために行われるものです。
イベント当日は、学生たちがこれまで取り組んできた作品やパフォーマンスが多数披露されます。

今回福島県では、ふくしまから はじめよう。キビタン(※)が参加学生と一緒にキビタンダンスを披露する予定。復興に取り組むふくしまの元気を発信して行きます。「ふくしまから はじめよう。チームキビタン」も、ふくしまからはじまっている新しい取り組みや復興状況など【ふくしまの今】をわかりやすくフランス語で説明します。
※「ふくしまから はじめよう。キビタン」とは、未来へはばたく福島県の復興シンボルキャラクターです。
本会場では、2年連続で金賞受賞数日本一を獲得した福島のお酒の試飲や、伝統工芸品「起き上がり小坊師(こぼし)」の絵付け体験、甲冑(レプリカ)の着付け体験、県産農産物の安全性を伝えるパネルの展示なども行い福島の魅力をアピールします。
なお、当日の模様はインターネットでのライブ中継が決定。併せて8月30日(土)には、いわき市文化センターでパブリックビューイングも行われます。(17時30分から19時30分まで)
ふくしまから、はじめよう。Facebookページでも「東北復幸祭〈環WA〉 in PARIS」の様子をお伝えする予定です。
初開催となるパリでの復興イベント、東北の学生たちの活躍や奮闘にご期待ください。

東北復幸祭〈環WA〉 in PARIS
http://fukkousai.com/

<本イベントに関するお問い合わせ先>
福島大学 OECD東北スクール運営事務局
info@oecd-tohoku-school.com



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング