【生活トレンド研究所レポート2014 vol.12】「インターネットでの買い物」に関する調査を実施ネットショッピング、全体で9割以上が利用経験あり/ヘビーユーザーは節約志向が高い30代男性消費増税の影響は全体の約8割が「特に無し」と回答

@Press / 2014年8月29日 15時30分

グラフ1~3
株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也)が運営する「生活トレンド研究所」は、2014年第12弾のレポートとして「ネットショッピング・ネットオークション・ネットフリマの利用実態」に関するアンケート調査を実施しました。

今日、スマートフォンやタブレットの普及と共にインターネット上での買い物はますます身近なものとなりました。今年4月の消費増税後、個人間取引のため消費税がかからないという理由で「ネットオークション」が話題になり、さらにはより手軽に利用できる「ネットフリマ」アプリも登場しています。そこで、「生活トレンド研究所」では、インターネットでの買い物に詳しい専門家監修のもと、各サービスの利用実態・利用意向について調査しました。調査期間は2014年8月5日(火)~2014年8月9日(土)、首都圏(1都3県)在住の20歳~69歳男女1,115名から有効回答を得ました。

■「生活トレンド研究所」のURL: http://allabout.co.jp/trend_lab/


【調査結果サマリー】
1) ネットショッピングを最も頻繁に利用しているのは30代男性、
  理由は節約志向の高さ。また、ラインナップの幅広さと価格帯に魅力?
<専門家(「通販・ネットショッピングの活用法」ガイド:遠藤 奈美子氏)
 コメント>
「30~40代の男性の利用率が高いのは、趣味用品などをネットで買う人が特にこの年代の男性に多いためだと考えられます。また、男性向けのファッションアイテムは、女性向けと比較してリアル店舗では取り扱い点数や種類が少ない、価格帯も比較的高額であるため、男性の方がネットでのバリエーションの豊富さに魅力を感じやすいのではないでしょうか。」

2) 消費増税、各サービスの利用への影響は全体の約8割が「特に無し」と回答
  20代・30代はわずかに影響あり
<専門家(「通販・ネットショッピングの活用法」ガイド:遠藤 奈美子氏)
 コメント>
「利用頻度が増税後に減少した30代は、結婚や出産、マイホームの購入など大きな出費が多い年代のため、増税に対して敏感に反応していると考えられます」

<専門家(「オークション」ガイド:川崎 さちえ氏)コメント>
「20代に『増税後に利用を始めた』と回答した割合が多いのは、消費増税に関する報道を多く目にし、節約意識が高まったと考えられます。20代は他の年代よりも給料が少なく、節約のひとつの方法としてオークションやネットフリマの利用を始めたと考えられます。」

@Press

トピックスRSS

ランキング