位置情報を活用したビジネスマッピング『MapInfo Professional(R)』の最新バージョン(v12.5)を9月下旬に出荷開始

@Press / 2014年9月1日 11時0分

新しいレイアウトデザイナー
MapInfoブランドで位置情報関連のソフトウェアを世界的に提供しているピツニーボウズ・ソフトウェア(Pitney Bowes Software Inc.)の日本法人であるピツニーボウズ・ソフトウェア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山田 茂)は、日本国内のビジネスマッピング分野で高いシェアを持つマッピング・分析用アプリケーションの最新版である『MapInfo Professional(R) v12.5』を発売いたします。
32bit版は2014年9月下旬、64bit版は2015年初頭の出荷開始を予定。併せて、発売開始から12月24日までの期間限定で、アップグレード版や新規版の追加ライセンスを特別価格で提供する新発売キャンペーンも実施する予定です。

製品ページ: http://japan.mapinfo.com/mipro_v125.html


今回リリースする『MapInfo Professional(R) v12.5』では、従来の32bitバージョンに加えてコンピュータ性能を最大限引き出す64bitバージョンが登場します。この64bit版では、GIS(地理情報システム)特有の複雑な演算や画像処理に対して、コンピュータの処理能力を100%引き出して高速な処理ができるようになります。
ほかにも、Microsoft Officeに採用されているリボンインターフェイスの採用やレイアウトウインドウの改善により、業務効率向上のための機能改善を行っています。


【『MapInfo Professional(R) v12.5』の主な新機能】
■コンピュータの性能を最大限引き出す64bitバージョンが登場
従来の32bitバージョン(2014年9月リリース)に加え、64bitバージョン(2015年初頭リリース予定)が新たに加わります。64bitバージョンでは、マルチコア / マルチスレッドのサポートにより、バッファ作成、オブジェクトの分割や削除など、高負荷な作業にかかる処理時間が劇的に短縮します。

■アクティブレイアウト採用による、新しいレイアウトデザイナー
マップやレポートの印刷に便利なレイアウトデザイナーが一新されました。レイアウト内のマップ上で、移動や拡大縮小、レイヤのオンオフ、ラベルの編集が可能となるなどの機能が向上しました。これにより、マップウインドウとレイアウトウインドウ間を行ったり来たりしてマップレポートの編集を行う必要がなくなり、作業の効率が向上します。

@Press

トピックスRSS

ランキング