日本と世界の文化の違いがわかる、異文化ギャップ旅バラエティ番組 「世界!来るクールJAPAN」9月7日に放送(TBS系11局ネット)

@Press / 2014年9月4日 17時0分

深海魚のヌタウナギに挑戦
株式会社CBCテレビ(本社:愛知県名古屋市)は、特別番組として、中山秀征が進行し、武田修宏、井森美幸などの有名人が外国人に自らのふるさとを売り込む、異文化ギャップ旅バラエティ「世界!来るクールJAPAN」を2014年9月7日(日)午後2:00から放送致します。


■企画内容
昨年、日本への観光客が初めて1,000万人を突破しました。
さらに2020年東京オリンピックも決まり、日本各地では観光業で街を盛り上げようと躍起になっています。

しかし外国人が訪れるのは、東京・大阪・京都といった定番の大都市ばかり。
そこで、「定番の大都市には負けない!」「何もない街だとバカにするな!」と、自分のふるさとを愛する有名人たちが、地元の有力者とタッグを組んで、外国人一行に「街のお宝」を売り込みます。
彼らの目的は、たくさんの外国人旅行者に我が街へ遊びに来てもらうこと。
果たして、外国人一行は、母国に薦められる街と判断してくれるのか!?


■みどころ
<その1>「辛口外国人軍団が『異文化ギャップ』を言いたい放題」
日本と母国の文化の違いを外国人たちがストレートにレポート。
私たちが当たり前に思っていた日本文化の魅力を、海外からの視線で再発見!

<その2>「有名人考案!の外国人向け観光ツアー」
ふるさとセールスマンである有名人が、外国人一行を率いて観光スポットへ。
しかし、売り込むのはいわゆる観光地ではなく、外国人にウケそうな穴場をセレクトします。
「こんな場所が人気なの?」と驚き満載!

<その3>「有名人の知られざるプライベート&ちょっとした県民性」
外国人一行を連れていくのは、地元の人だからこそ知る穴場などです。
ちょっとした県民性も織り交ぜながら、有名人の過去、知られざるプライベートも知ることができます。

<その4>「必死のプレゼン&ドキドキ判定」
海外へ『我が町を売り込みたい!』という有名人が、地元の有力者とタッグを組んで、必死に「街のお宝」をセールス。
『母国の人に推薦できるか?』という外国人たちの判定や如何に??


■番組内容
番組は、数々の番組司会でおなじみ、自身も出身県・群馬のPRを務める「ぐんま大使」のタレント中山秀征が、ふるさと案内人として進行します。
今回中山とアシスタント松尾幸実は、アメリカ、ブラジル、フランス、スペイン、中国、インドネシア、セネガルの外国人7人をツアーモニターとして、世界遺産登録で注目を浴びる静岡県と群馬県に連れて行きます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング