「ビサクロン」を含有したウコンエキスに二日酔い改善につながる新機能を確認― 8月30日に「日本食品科学工学会第61回大会」にて発表 ―

@Press / 2014年9月1日 13時30分

ウコンエキスが肝細胞傷害抑制活性に及ぼす影響
ハウス食品グループ本社とハウスウェルネスフーズは、ウコンエキス中の成分「ビサクロン」の機能性を新たに発見し、二日酔いの改善につながる機能について、一連の研究により科学的に確認しました。
この研究成果を、2014年8月28日から30日まで中村学園大学(福岡市城南区)で開催された「日本食品科学工学会第61回大会」で発表しました。


【研究の背景】
ウコン(ターメリック)は、カレーに欠かすことのできないスパイスです。ハウス食品グループは、長年にわたり、その色素成分であるクルクミンに着目したウコン研究に取り組み、ウコンのもつ機能を科学的に確認してきました。
研究を進めていく中で、ウコンエキス中には二日酔いの改善を促す成分が含まれていることが示唆されたため、ウコンの機能性成分について探索を開始しました。


【ウコンの精油成分中に含まれる「ビサクロン」の新たな機能性の発見】
二日酔い低減効果のひとつとして、エタノールによる肝細胞傷害を抑制する活性を調べる試験を行った結果、ウコンエキスにはクルクミノイド(※1)よりも強い活性があることがわかりました[図1参照]。これをもとに、ウコンエキス中のクルクミノイド以外の活性成分の探索を行い、新たな活性成分として「ビサクロン」(※2)を特定しました[図2参照]。
(※1)クルクミン関連化合物の総称で、クルクミン、デメトキシクルクミン、ビスデメトキシクルクミンが含まれます。
(※2)精油成分の一種で、ビサボラン型セスキテルペン類に分類される化合物です。ビサクロンに関連する報告はきわめて少なく、機能に関する研究はこれまでほとんど行われていません。

[図1]ウコンエキスが肝細胞傷害抑制活性に及ぼす影響
http://www.atpress.ne.jp/releases/50524/img_50524_1.jpg
(※)肝細胞傷害抑制活性=各区の生存率/コントロールの生存率×100

[図2]ビサクロンの構造式
http://www.atpress.ne.jp/releases/50524/img_50524_2.jpg


【二日酔いモデルにおけるビサクロン含有ウコンエキスの作用】
二日酔いに対するビサクロン含有ウコンエキスの影響を調べるために、飲酒後の「自発運動量」を指標にして、動物試験による検証を行いました。
その結果、対照群では自発運動量が前日の30%程度に減少しました。これに対して、ビサクロン含有ウコンエキス群では前日の70%程度にとどまり、自発運動量の低下を抑えることがわかりました[図3参照]。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング