ヴォーリズが60年を過ごした街、近江八幡でヴォーリズ建築を巡る記念企画展を10月4日~11月3日開催!~没後50年記念企画展『ヴォーリズ・メモリアルin近江八幡』~

@Press / 2014年9月2日 11時30分

ヴォーリズ肖像
ヴォーリズ没後50年記念事業実行委員会は、ヴォーリズ没後50年の節目に当たり、ヴォーリズが60年を過ごした街、近江八幡で記念企画展を2014年10月4日(土)~11月3日(月・祝)に開催いたします。映画やテレビで頻繁に登場する八幡堀や近江商人屋敷群と共に、旧市街地に散在するヴォーリズ建築を巡る町中回遊型展示会で秋の近江八幡をご覧いただけます。

URL: http://vories.heteml.jp/


【『ヴォーリズ・メモリアルin近江八幡』について】
滋賀県近江八幡の旧市街地に点在する数々のヴォーリズ建築の各館を展示会場として、建築・医療・伝道・教育・製薬販売事業そして素顔のヴォーリズ像に迫ります。普段は未公開で見る事の出来ない建築物の館内も期間中は無休で公開されます。また、開催期間中、姜尚中氏や人気作家の玉岡かおる女史の講演会や、ヴォーリズゆかりの大学による演奏会などがほぼ毎日開かれ、入場券(パスポートに交換)をもっていれば、期間中何度でも入場できます。
ヴォーリズ建築100年記念として、2008年にはヴォーリズ展が全国で開催されました。今回はヴォーリズ没後50年記念企画展です。次の機会は2030年の生誕150年までメモリアルイヤーは無いと思われ、ヴォーリズファンにとっては見逃せない記念企画展といえます。

※ 10月18日(土)、姜尚中氏の講演会のみ事前申込必要。


【『ヴォーリズ・メモリアルin近江八幡』概要】
主催者名:ヴォーリズ没後50年記念事業実行委員会
事務局 :〒523-0864 滋賀県近江八幡市為心町元9 白雲館内
委員長 :堀江 宏
後援  :駐大阪・神戸米国総領事館・一般社団法人日米協会・
     公益社団法人日本建築家協会・公益社団法人日本建築士会連合会・
     一般社団法人日本建築学会・滋賀県・滋賀県教育委員会・
     近江八幡市・近江八幡市教育委員会 ほか多数
入場料 :一般1,500円・大学生1,200円・高校生以下無料
     前売券&団体券(20名以上)1,200円、大学生前売券1,000円
     全国のちけっとぴあ、セブンイレブン、
     サークルKサンクスで発売中 (Pコード989-030)

※各入場券は、総合受付の白雲館またはハイド記念館で特製パスポートと交換していただき、そのパスポートで各展示テーマ館、講演会、音楽会にフリーパスで入場していただけます。
※本展の主催は、市内の文化団体はじめ一般市民の有志により構成されており、収益金が出た場合は全額、市内のヴォーリズ建築の保存・改修工事費に充てられます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング