ガルーダ・インドネシア航空 羽田発着2路線にファーストクラス初導入 10月27日(月)よりB777-300ER型機の運航開始

@Press / 2014年9月5日 12時30分

座席配置図
ガルーダ・インドネシア航空会社(本社:ジャカルタ、インドネシア 社長兼最高経営責任者:エミルシャ・サタル)は、2014年10月27日(月)発着分より、「東京(羽田)-ジャカルタ線」および「東京(羽田)-デンパサール(バリ島)線」をB777-300ER型機にて運航することとなりました。これにより、羽田路線では初となるファーストクラスのサービスが始まります。


B777-300ER型機は、総座席数314席で、ファーストクラス・ビジネスクラス・エコノミークラスの3クラスを搭載する最新鋭の大型機です。
ファーストクラスでは、人間工学に基づきデザインされたプライバシー性の高いスイートタイプのシートに、ファーストクラス専用ラウンジの利用や、機内でのインターネット接続(GMSおよびWi-Fi)、シェフが機内で腕を振るう「シェフ・オン・ボード」を採用した機内食などをご利用いただけます。
また、ビジネスクラスでも、全席が通路に面した、ゆとりある交互配列のスタッガードスタイルを採用し、より一層ラグジュアリーな空の旅をお楽しみいただけるようになります。

なお、今回の導入に伴い、これまでB777-300ER型機で運航していた成田発着2路線(ジャカルタ・デンパサール)は、2014年10月27日東京発着分より、A333/A332型機で運航いたします。


【B777-300ER型機 運航路線】
GA875便/GA884便 東京(羽田)-ジャカルタ線
GA887便/GA886便 東京(羽田)-デンパサール(バリ島)線

【運航期間】
2014年10月27日(月)発着分より

【B777-300ER型機 概要】
◆座席数:314席(ファーストクラス8席・ビジネスクラス38席
        エコノミークラス268席)

◆ファーストクラスのサービスについて
・ご出発前/ご到着後のコンシェルジュサービス
・ファーストクラス専用ラウンジ
 ※インドネシア国内のみ
  デンパサール空港は9月1日現在、ソフトオープン中。
・ファーストクラススイート
 ※マットレス付のフルフラットベットシート(座席間隔208cm、座席幅56cm)
・シェフが機内でご用意する機内食
 ※インドネシア料理/和食懐石/欧風アラカルトより選択
・タッチパネル式23.5インチ液晶モニター設置及び
 オンデマンドオーディオビデオシステム
・機内インターネット接続(GSM及びWi-Fi)無料
・空港-ホテル間リムジン送迎サービス
 ※インドネシア国内のみ 一部適用外あり

◆ガルーダ・インドネシア航空 東京路線2014年度冬期スケジュール
 (2014年10月27日(月)~2015年3月28日(土)日本発着分)
・出発時刻、到着時刻はそれぞれ現地時刻です。
・GA884便の出発日、GA874便出発日・到着日は各前日です。
・成田発GA885/881便では、機内入国審査プログラムを実施しています。
・B777-300ERで運航する便では、機内無線LANサービスを実施しています。
 (ファーストクラスは無料、その他のクラスは有料)
・スケジュールや使用機材は予告なく変更となる場合があります。

<東京路線2014年度冬期スケジュール>
http://www.atpress.ne.jp/releases/50708/img_50708_3.jpg


■ガルーダ・インドネシア航空会社について
インドネシア共和国を代表する航空会社。会社設立1949年。日本への運航開始は1962年3月。現在、成田・羽田・関空よりインドネシアへ週39便、直行便を運航中。2014年6月時点での、保有機体数は149機、平均機体年齢は5.0年。インドネシアの文化や伝統をベースとした、五感で感じるインドネシア「ガルーダ・インドネシア・エクスペリエンス」がサービスコンセプト。世界で唯一の「機内入国審査プログラム」導入や、日本発着便には日本人客室乗務員が乗務し、快適な空の旅の提供に努めている。2014年7月、スカイトラックス社(英国の格付け会社)より「The World's Best Airline Cabin Crew」を受賞。「The World's Best Airline」では、7位に入賞。2014年のスカイトラックスの5スター認定獲得を目指す。また、2014年3月にスカイチーム加盟済み。


<本リリースに関するお問い合わせ先>
ガルーダ・インドネシア航空 篠
【E-Mail】 tyock@garuda-indonesia.co.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

クラス別一覧東京路線2014年度冬期スケジュール

@Press

トピックスRSS

ランキング