FPの日(R) FPフォーラム2014 「ビューティフルライフへのご提案」~FPと学ぶ10年後のくらし~ 大倉山記念館でセミナー&無料相談会を開催

@Press / 2014年9月10日 14時0分

特定非営利活動法人(NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(以下 日本FP協会)が毎年開催している「FPの日(R)」※FPフォーラムを「ひとりひとりの夢を形に」のスローガンの下、今年も全都道府県で開催します。

神奈川県では日本FP協会神奈川支部(支部長:町野 隆)が金融庁、神奈川県と横浜市経済局の後援を受けて、11月9日(日)横浜市大倉山記念館(横浜市港北区大倉山2-10-1 大倉山公園内)において「FPの日(R) FPフォーラム2014」を開催します。

「FPの日(R) FPフォーラム2014」では「ビューティフルライフへのご提案 ~FPと学ぶ10年後のくらし~ 自分らしく豊かな将来をめざして、ファイナンシャル・プランナーと学びましょう」というテーマの下、子どもから、ファミリー層、シニア層と幅広い層を対象にセミナー、寸劇、ゲーム等、楽しく学べる企画で、FPフォーラムを行います。担当するのは全て日本FP協会神奈川支部所属のファイナンシャル・プランナー(CFP(R)・AFP)です。

日本FP協会神奈川支部では毎年2~3回、セミナーと相談会を中心としたFPフォーラムを開催し、毎回参加者からアンケートに回答していただいています。セミナーテーマに金融商品の選び方、保険の見直し、年金解説などを取り上げてほしいというご意見や、相談会においては、保険の相談にいらした相談者が、本当に相談したいことは介護の話であったというように、一つのテーマに限らずライフプラン全体を複合的にアドバイスさせていただくことが多くなっています。

今回の「FPの日(R) FPフォーラム2014」では、相続をテーマにしたドラマ仕立てのセミナーをはじめ、資産運用や生活に役立つセミナーを6本行います。お子様向けの金銭教育として、腹話術人形を使ったミニセミナーやカルタ、おこづかいゲームなど楽しみながら学べるキッズコーナー、無料相談会(50分間)の3つに分かれています。

従来のセミナーや相談会ではどちらかといえば受身型のプログラムが主流でしたが、ゲームや寸劇など楽しみながら学べる参加型のプログラムが人気になっています。
「FPの日(R) FPフォーラム2014・ビューティフルライフへのご提案」では、家計に関する正しい知識を身につけることにより、お金とくらしの不安や心配を和らげ、ファイナンシャル・プランナーの存在を身近に感じていただくことができるような参加型プログラムを用意して皆様をお迎えいたします。

@Press

トピックスRSS

ランキング