株式会社ミライト情報システム、顧客情報の保護に有効なクラウド電話帳ソリューションを提供開始 ~電話帳データの一元管理からBYODまで、セキュアに業務効率化を実現~

@Press / 2014年9月10日 14時0分

Mobile First Box(R)Access操作画面-1
株式会社ミライト・ホールディングスのグループ会社である株式会社ミライト情報システム(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡本 充由、以下「ミライト情報システム」)は、アルファコム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:野 龍次、以下「アルファコム」)と業務提携し、クラウド電話帳ソリューション「Mobile First Box(R)Access」の提供を開始いたします。本サービスは個人情報を含む電話帳データをクラウドで一元管理することにより端末紛失による情報漏えいを防ぐ等、スマートデバイスによる業務効率化やコスト削減をセキュアに実現します。

Mobile First Box(R)Access操作画面
http://www.atpress.ne.jp/releases/50824/img_50824_1.jpg
http://www.atpress.ne.jp/releases/50824/img_50824_2.jpg

アルファコム野社長(右)とミライト情報システム岡本社長(左)
http://www.atpress.ne.jp/releases/50824/img_50824_3.jpg

Mobile First Box(R)Accessの概要
http://www.atpress.ne.jp/releases/50824/img_50824_4.jpg


■「Mobile First Box(R)Access」(クラウド電話帳)の4つの特長
1.セキュリティ
電話帳データは全てサーバで管理し、端末にはデータを保持しない。さらに端末紛失時には遠隔からロックができる

2.クラウド
オンプレ版のほか、安価でスピーディに導入ができるSaaS版をミライト情報システムのパブリッククラウド環境で提供

3.操作が簡単
徹底したユーザヒアリングを実施し、ユーザの使いやすさを最重要視した画面設計でマニュアル無しで操作ができる

4.拡張性
キャリア・デバイスに依存しないシステム導入ができる(マルチキャリア・マルチデバイス)


■提供の背景
<セキュリティ対策が課題となっているスマートデバイスのビジネス活用>
現在、日本企業において、モバイル環境の充実とスマートデバイスの普及・高機能化が進んでいますが、常に情報紛失のリスクと隣り合わせとなっています。顧客情報の流出事故は後を絶たず、企業の情報管理体制が問われ、特にスマートデバイス等のモバイル端末に記憶させて社外に持ち出す情報に対するセキュリティ対策が急務となっております。

@Press

トピックスRSS

ランキング