スマホサイトもアプリも低予算で簡単にO2O対応できる 「CHECKIT!(チェキット)」のサービスを本日より開始!

@Press / 2014年9月11日 17時0分

サービス概念図
 株式会社博報堂アイ・スタジオ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:平林 誠一、以下 博報堂アイ・スタジオ)は、NFC、iBeacon、QRコード、GPSなどのO2O(オンライン・ツー・オフライン、以下 O2O)施策で利用される複数のタッチポイントに対応し、新規はもちろん既存のスマホサイトやアプリにキャンペーン応募やクーポン配布など、O2Oコンテンツの展開を低予算で簡単に導入できるサービス「CHECKIT!(チェキット)」を本日より提供開始いたしました。


 スマートフォンの普及拡大に伴い、企業におけるスマホサイトやアプリによるO2O施策のニーズが高まってきています。昨今、O2Oを実現する新しい技術として、NFC、iBeacon、QRコード、GPSなどが多数登場しており、分析や効果検証のニーズも高まってきています。
 今回新たにサービスを開始した「CHECKIT!」は、複数のタッチポイントに対応できるシステムをパッケージ化することで、低予算で簡単に導入することができ、生活者に対するクーポン配布やキャンペーン応募など、ニーズに合わせたコンテンツをご提供いたします。さらに、利用状況を管理画面から閲覧できるため、全体のアクセス数はもちろん、流入元、ポイント別、OS別などの利用動向を把握でき、次のマーケティングにつなげることができます。
 既に海外イベントでの回遊施策として本施策を試験的に導入いただき、サービス開始にむけて準備を整えております。

<サービス概念図>
http://www.atpress.ne.jp/releases/51005/img_51005_1.jpg

※「CHECKIT!」紹介Webページ:
http://checkit.jp.net/


■「CHECKIT!」の3つの特色
◎ニーズに合わせ自由なコンテンツ制作が可能。
 複数のタッチポイントに対応しているため、タッチポイントごとやタッチポイントに接触する場所や時間に応じて、表示する情報を切り替えることができます。また、既存のWebサイトやアプリと連携できるため、既存コンテンツの内容変更が簡単に行なえます。例えば、NFCを使ったタッチポイントからはキャンペーン応募への情報を表示させたり、iBeaconを使ったタッチポイントからは、店頭へ誘引するためのクーポンを表示させたりすることができます。

◎利用傾向を分析し、マーケティングが可能。
 標準でご提供する管理システムで、生活者が利用した全てのタッチポイントからのログを保存できるため、全アクセス数の把握はもちろん、地域ごと、サービスごと、OSごとのアクセス数を簡単に把握することができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング