「日本をペット長寿国に!」ペットに関わる複数の企業・団体・獣医師による日本のペットの健康的な長生きを目指す/プロジェクト「ペット長寿国プロジェクト」 本日発足

@Press / 2014年9月11日 19時15分

プロジェクトロゴ
P&Gジャパンのプレミアムペットフードブランドの「アイムス」「ユーカヌバ」、ペット保険の「アニコム損害保険株式会社」、メリアル・ジャパン株式会社と日本全薬工業株式会社によるペット保護プロジェクトの「セーブペットプロジェクト」、愛犬用健康サービス「わんダント」を提供する富士通株式会社、および獣医師による「ペット長寿国プロジェクト」が、本日2014年9月11日(木)に発足いたしました。

昨今、日本では犬や猫を家族の一員とする風潮が高まっており、犬と猫の飼育率は犬:15.81%、猫:10.14%(※一般社団法人ペットフード協会調べ、2013年)で、子どもの数を超える約2,000万頭の犬や猫が飼われています。

83.7歳の平均寿命で世界で最も長寿であることがギネス世界記録2014に認められている日本(193カ国中1位、2014年)は、健康的な食文化として和食がユネスコ無形文化遺産に登録されるなど、世界に誇る長寿国です。しかし一方、ギネス世界記録に登録されている歴代長寿の犬と猫の上位3位に日本勢の記録はなく(※2014年6月時点)、犬と猫においては、日本は長寿国とは言いがたいのが現状です。

本日発足した「ペット長寿国プロジェクト」では、日本の犬と猫をもっと健康的でかつ長生きできるようにしていくため、複数のブランド、企業、団体、獣医師でパートナーシップを組み、ペットオーナーの皆さまに正しい知識の啓発を行ってまいります。具体的には犬と猫の健康的な長生きの実現向けた適切な「食事」「運動」「定期予防」を3大ポイントとして掲げ、継続的な活動によって日本の犬と猫の平均寿命を3歳延ばすことを目標としています。そして将来的には、日本がペット長寿国No.1になることを目指します。

長寿への関心が高まる2014年9月15日(月・祝)の敬老の日を前に、ペットにおいても健康的な長寿への意識が高まることを願っております。


■実は日本はペットは長寿国ではなかった!? 犬と猫のギネス歴代長寿TOP3に日本の犬と猫はいない!

ギネス世界記録(R)に登録されたことのある長寿犬・猫
【犬の長寿記録】
1位 ブルーイー(オーストラリア/29歳5か月)
2位 タッフィー(イギリス/27歳と313日)
3位 ブッチ(アメリカ/27歳)

【猫の長寿記録】
1位 クリームパフ(アメリカ/38歳と3日)
2位 マー(イギリス/34歳)
2位 グランパ レックス アレン(アメリカ/34歳)

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング