AvePoint、Microsoft SharePoint のサービス要求処理を自動化するツール Governance Automation のサービスパック (SP) 5を提供開始 ~ SharePoint との統合を強化 ~

@Press / 2014年9月12日 13時0分

サイト情報カード:サイト情報が記載された Web パーツを SharePoint に組み込むことができる
次世代ソーシャル コラボレーション プラットフォームを対象に、エンタープライズクラスのビッグデータ管理、ガバナンス、コンプライアンス実現のためのソフトウェア ソリューションを提供する AvePoint (本社:米国ニュージャージー州ジャージーシティ) の日本法人 AvePoint Japan 株式会社 (本社:東京都港区高輪、代表取締役:塩光 献、URL : http://www.avepoint.co.jp/ ) は、本日2014年9月12日に、AvePoint 社の主力製品であり、SharePoint 環境における管理サービスの自動化およびプロアクティブなガバナンスの適用を促進する DocAve Governance Automation (ガバナンス オートメーション) サービスパック (SP) 5 ( http://www.avepoint.co.jp/products/sharepoint-data-governance/ ) の提供を国内で開始しました。

今回リリースされた最新版では、SharePoint との統合、セキュリティコントロール、パフォーマンスの最適化の機能などが強化されました。展開、ライフサイクル管理からセキュリティにいたるまで SharePoint 管理者のコントロールレベルをフレキシブルに設定でき、変化する組織のビジネス要件に応じて、柔軟に拡張することができます。これと並行して、本日より、全ての機能を体験できる30日間無償のトライアル版 ( http://www.avepoint.co.jp/free-trial-downloads-form/?select=ga ) の提供を開始しました。


厳しいグローバル競争を勝ち抜くため、現在、多くの企業が業務効率化に取り組んでいますが、本製品は、業務プロセスを効率化し、ビジネススピードを加速させ、貴重な人員がコア業務 (本業) に集中することを可能にする仕組みづくりを支援する IT ツールです。Governance Automation の国内の導入実績の例としては、NECネッツエスアイ株式会社様 ( http://www.avepoint.co.jp/resources/case-studies-japanspecific/NESIC/ ) があります。

Governance Automation は、SharePoint 環境におけるコンテンツの展開、移行、再構成やライフサイクルおよび権限管理など、エンドユーザーからのリクエストを 「サービス カタログ」 として提供し、寄せられたリクエストを自動処理する製品です。
本製品の導入により、SharePoint 環境に対して行われるすべてのアクションおよび変更が、企業内で定義された SharePoint のガバナンス ポリシーに沿ったものであることを保証します。従来 IT 管理者が電話やメール、オンラインチャットなど、手動で行っていた作業が自動化されるため、担当者の作業負担を軽減することができます。また、エンドユーザーにとっては、業務ニーズに応じて、利用したいタイミングで、待機時間なく SharePoint 上でコラボレーションを開始できるため、業務スピードの向上も期待できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング