発売25周年のロングセラーブランド「健康梅のど飴」がリニューアル ~ のどとカラダへのやさしさを見つめ直しました ~

@Press / 2014年9月16日 10時0分

商品ラインナップ
カンロ株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長 社長執行役員:戸名 厚、以下 カンロ)は、発売25周年を迎えるロングセラーブランド「健康梅のど飴」をこのたびリニューアルいたします。リニューアルに際して、“着色料不使用”へと配合を見直し、新たに個包装タイプ「80g健康梅のど飴」がラインナップに加わります。

健康梅のど飴ブランドサイト: http://www.kanro.co.jp/nodo/umenodo/


【健康梅のど飴とは】
健康梅のど飴は梅果汁、梅肉エキス、特製梅はちみつ、そして29種のハーブエキスなど、カラダにやさしい素材をたっぷり配合したのど飴です。梅とハーブの絶妙な味のバランスがお客様からご好評いだたいています。

<特製梅はちみつとは>
健康梅のど飴だけに使われている特別なはちみつ。はちみつに梅を漬け込み、じっくり煮込むことで梅のエキスを引き出しています。このはちみつが、まろやかな甘さのポイントです。


【健康梅のど飴 リニューアルポイント】
(1)味・配合の見直し
・ハーブ感、スッキリ感アップ
・“着色料不使用”へ変更

(2)ターゲットニーズに合わせた形態やデザインへ刷新
働く女性達の“カバンに入れて持ち歩きたい”、“人と分け合いたい”というニーズに応えるべく、明るくやさしいナチュラルテイストにパッケージデザインを刷新し、シェアしやすい個包装タイプをラインナップに追加しました。
広告デザインは、梅やハーブの素材感を活かした「ボタニカルアート」で、“新しく”、“ナチュラル”な健康梅のど飴の世界観を表現。店頭や交通広告、ブランドサイト、TVCMなどで訴求いたします。


【のど飴の歴史とカンロの取り組み】
今ではキャンディ売り場で必ず品ぞろえされている“のど飴”ですが、約30年前の1981年11月に国内で初めて菓子として発売された“のど飴”がカンロ「健康のど飴」でした。その後、女性にも食べやすい味わいを兼ね備えたのど飴として、1989年にシリーズ商品として発売されたのが「健康梅のど飴」であり、長らくお客様にご愛顧いただいてきました。
「健康のど飴」発売30周年の2011年に、「11(いい)・1(ひと)・5(こえ)」の語呂に因んで11月15日を「のど飴の日」として制定いたしました。
のどの健康や豆知識などの情報を発信していく場として、Facebook「のど想い研究所」やiPhoneスマホアプリ「くうきナビ」などのコンテンツも運営しており、のど飴への理解を高める啓蒙活動を続けています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング