麻婆豆腐の素 トップシェア(※)の丸美屋 本格志向で贅沢な麻婆豆腐の素 発売で市場活性化

@Press / 2014年9月25日 9時30分

『贅を味わう麻婆豆腐の素<辛口> / <中辛>』
丸美屋食品工業株式会社(本社:東京都杉並区、社長:阿部 豊太郎)では、「贅沢な辛さ」、「旨味」、「本格感」を追求したひき肉入り麻婆豆腐の素『贅を味わう麻婆豆腐の素<辛口>』、『贅を味わう麻婆豆腐の素<中辛>』を2014年8月19日(火)から全国一斉新発売いたしました。
麻婆豆腐を研究し続けて43年の丸美屋は、本格志向の麻婆豆腐の素の発売により、麻婆豆腐市場の更なる拡大を目指します。


【麻婆豆腐の素シリーズに新たなラインナップを投入】

●本格感を追求した味作り
ご家庭で贅沢な味の麻婆豆腐を手軽にお楽しみいただくため、何十回もの試行錯誤を繰り返し完成した「3種の豆板醤のブレンド」に、花椒(ホアジャオ)と唐辛子の風味と辛さを直火で高温抽出した「香味油(花椒ラー油)」と「豆チ(トウチ:※チは「豆」辺に「支」)」「甜麺醤(テンメンジャン)」を加え、「辛さ」、「旨味」、「本格感」を引き出しました。
ご家庭で愛され続けているレギュラータイプと比較すると、贅沢な辛さと豊かなコクが特徴です。

●豊富なラインナップにより、消費者のニーズに対応
これまでも丸美屋では、お子さまから大人までご満足いただける、様々な種類の「麻婆豆腐の素」ラインナップを揃えてきました。「贅を味わう麻婆豆腐の素」は、中華料理店で食べられるような本格的「麻婆豆腐」を家庭でも味わえる商品となっています。既存のラインナップに加え、さらに多様化するニーズに対応する商品として今回発売いたしました。

『贅を味わう麻婆豆腐の素<辛口> / <中辛>』
http://www.atpress.ne.jp/releases/51107/img_51107_1.jpg


【時代の変遷とともに、細分化するニーズに対応】

●消費者のニーズが細分化
近年は少し高価でもいいものを楽しみたいという価値観が浸透してきました。食品でも「本格派」という軸から、新たな商品を試みる消費者も増えてきています。
丸美屋では、麻婆豆腐においても年齢や辛さの好みとは異なる、こうしたニーズへ応える必要性を意識してきました。

●変化が生じている麻婆豆腐市場
麻婆豆腐の素の価格帯別販売金額規模前年比を見ると、2013年以降、高価格帯の商品が順調な伸びを示しています。
これは日常の麻婆豆腐の素の購入場面においても、消費者の本格志向が反映されたデータと考えられるものです。
こうした世相やデータを基に、丸美屋で商品開発を進めた結果、『贅を味わう麻婆豆腐の素』が誕生しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング