「BIGLOBEクラウドホスティング」が、Windowsサーバのリモートデスクトップ接続(RDS)を提供開始~クラウド型仮想デスクトップ環境が構築可能に~

@Press / 2014年9月25日 10時15分

Windows Server リモートデスクトップ接続(RDS)を利用したクラウド型仮想デスクトップイメージ
BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2014/09/140925-1


 BIGLOBEのIaaS型パブリッククラウドサービス「BIGLOBEクラウドホスティング」(注1)は、Windows Server リモートデスクトップ接続(RDS)が可能となるサーバを本日より提供開始します。


 「BIGLOBEクラウドホスティング」上で、リモートデスクトップ接続(RDS)サーバを構築することで、Windowsサーバのデスクトップ環境を複数のユーザの端末(パソコンやタブレットなど)で利用可能となります。利用するユーザ数に応じて必要となるライセンス「Windows Server RDSライセンス」もあわせて提供します。

<Windows Server リモートデスクトップ接続(RDS)を利用した
 クラウド型仮想デスクトップイメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/51216/img_51216_1.jpg


■利用料金一覧
名称     :Microsoft Windows Server 2012 R2
        リモートデスクトップ接続(RDS)サーバ(注2)
月額料金(税別):12,000円

名称     :Windows Server RDSライセンス(注3)
月額料金(税別):600円/1ライセンスあたり


 業務システムをクラウドサーバ上で利用する際、複数のユーザの端末で利用したいというニーズが多く、本リモートデスクトップ接続サーバは、このような要望に応えるものです。


 BIGLOBEは“心をつなぐインターネット”を通して、お客さま一人ひとりのかなえたい想いを実現してまいります。


(注1) 「BIGLOBEクラウドホスティング」は、ファイアウォール、
   VPN(IPSec-VPN、SSL-VPN)など、必要なオプションを
   きめ細かく選択可能です。また、料金体系は時間単位の
   従量料金だけでなく、毎月一定額となる月額料金も用意しています。
   プライベートLANの利用やネットワーク転送量による課金も無料なため、
   費用予算も組みやすく、企業が業務系システムとして利用するのに
   適したサービスです。
(注2) 既存のベースモデル(Windows Server 2012 R2 Standard Edition
   (64bit))にWindows Server リモートデスクトップ接続(RDS)の
   ライセンスサーバをセットアップしたサーバです。
   クラウドアプリストアからの購入となり、料金プランは月額料金のみ
   (従量料金なし)となります。サーバ購入時の料金は、
   サーバ利用料12,000円/月(税別)と1ライセンス分600円/月(税別)の
   セット購入となるため、12,600円/月(税別)となります。
(注3) 接続ユーザ数分の購入が必要となり、コントロールパネルからの
   追加購入となります。


※ 記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング