昭和という時代を生きた“文士”の「顔」を記録した特別展「林忠彦写真展 ― 日本の作家109人の顔」 日比谷図書文化館にて9月26日~11月25日に開催

@Press / 2014年9月19日 16時0分

坂口安吾
千代田区立日比谷図書文化館は、2014年9月26日(金)~11月25日(火)に、特別展「林忠彦写真展 ― 日本の作家109人の顔」を開催いたします。

詳細URL: http://hibiyal.jp/hibiya/museum/masu.html


<展覧会主旨>
― 作家が「文士」と呼ばれていた時代、彼らの肖像を描いた写真家がいた。―
昭和を代表する写真家の一人、林忠彦(1918~1990)が日本の作家109人を撮った写真展。昭和という、作家が文士であった時代を生きた「顔」を記録した写真107点に加え、もう一つの作家の「顔」といえる代表作や初版本が展覧会に華を添えます。
林忠彦は、銀座のバー「ルパン」に集う無頼派作家たちと出会ったのをきっかけに、戦後の日本文学を担う文士たちの姿を撮り続けました。復興の時代を生きる、力強く個性的な文士たちの「顔」。エネルギーがあふれる時代の息吹を、彼らの姿とその作品から、感じ取っていただければ幸いです。


<本展のみどころ>
(1) 未公開のコンタクトシート
決定カットとその前後のカットが入ったコンタクトシート4枚を初めて展示します。
※コンタクトシートとは、ネガフィルムを1枚の印画紙に焼き付けたもの。プリントする写真を選ぶためなどに利用される。

(2) 井上靖の直筆原稿
林忠彦に寄せた「林忠彦氏の仕事」の直筆原稿6枚を展示します。

(3) イラストによる撮影エピソード付きの解説書
会場内で配布される解説書には、林忠彦と作家との撮影時のエピソードがイラストで掲載され、作家の意外な一面が楽しく紹介されています。また、今回の特別展では、坂口安吾以外に谷崎潤一郎、川端康成など8人の大作家を表紙にした8種類のコレクター心をくすぐる宣伝(広報)チラシを作成しました。神田古書店を始め、関係各所に配布し大きな反響を呼んでいます。

(4) 作家109人の代表作に初版本を含めて展示
神田古書店連盟の全面協力のもと、林忠彦が撮影した文士109人の代表作に初版本を含めて展示します。
※作家109人の会場内の展示本は展覧会終了後に購入可能です。(会場出口に各書籍の価格表を設置し配布します)


<開催要項>
展覧会名:林忠彦写真展 ― 日本の作家109人の顔
主催  :千代田区立日比谷図書文化館
監修  :林義勝
特別協力:周南市美術博物館
協力  :神田古書店連盟
企画協力:モッシュブックス
会期  :2014年9月26日(金)~11月25日(火)
     (休館日:10月20日(月)、11月17日(月))
観覧時間:平日 10:00~20:00、土 10:00~19:00、日祝 10:00~17:00
     (入室は30分前まで)
会場  :千代田区立日比谷図書文化館 1F特別展示室
観覧料 :一般300円、大学・高校生200円
     千代田区民・中学生以下、障害者手帳をお持ちの方
     および付き添いの方1名は無料
     ※住所が確認できるもの、学生証、障害者手帳をお持ちください。
交通機関:東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関」徒歩5分、
     都営地下鉄三田線「内幸町」徒歩3分、JR「新橋」徒歩12分
     ※当館には専用の駐車場がございません。
      公共交通機関をご利用ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング