調剤薬局が開発した電子版お薬手帳「日本調剤 お薬手帳プラス」サービス開始!

@Press / 2014年9月18日 16時30分

「お薬手帳プラス」スマートフォントップ画面イメージ
 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、代表者:取締役社長 三津原 博)は、自分や家族の服薬情報をスマートフォンやPCで管理できる電子版お薬手帳サービス「お薬手帳プラス」を、医療系ITベンチャー企業である株式会社メディエイド(本社:東京都千代田区)の協力を得て自社開発し、本年10月1日より運用開始いたします。

 現在、利用されている紙の「お薬手帳」は、薬局にいらっしゃった患者さまの服薬履歴を記録し、飲み合わせや薬の重複状況などのチェックができるものです。アレルギー歴や副作用歴の安全性管理に利用されており、また血圧記録など患者さまご自身の健康管理ノートとして活用されている例もあります。平成23(2011)年の東日本大震災時にも、被災者ご自身の服薬状況や健康情報を迅速に医療機関に伝えることができるなど効果をあげています。

 日本調剤では、こうした従来のお薬手帳の機能を最大限生かし、かつインターネット環境を活用し最新機能を搭載した情報提供サービスとして、ユーザーである患者さまにとって、より使いやすい電子版のお薬手帳サービスの開発に取り組み、このほど日本調剤独自の電子版お薬手帳「お薬手帳プラス」として運用開始することになりました。


【「お薬手帳プラス」の特長】
■基本機能:お薬手帳の基本機能をカバー、PC画面でも確認可能
・医療・健康拠点である調剤薬局と薬剤師が主体的に関わり、患者さまにとっての利便性を重視しています。
・本サービスに登録された方には、その後の来局ごと自動的に服薬情報が配信されます。QRコード(R)の読み込みなどの毎回の入力作業は不要となります(注1)。その他、他薬局での服薬情報についても、電子版お薬手帳対応のQRコード(R)が印字されていれば読み取ることが可能です(注2)。
・お薬手帳の基本機能である薬の名称や用法・用量などの服薬情報を表示するのはもちろん、服用する薬剤情報の説明、さらに経済性に優れたジェネリック医薬品の有無、差額を調べることも可能です。
・インターネット環境があればご自宅のPCでも「お薬手帳プラス」サイトを見ることができますので、高齢者の多くが苦手とする小さな画面のスマートフォンだけではなく、PCの大きなディスプレイ画面でしっかりと確認することができます。(PC版は10月中旬より運用開始)


■プラス機能:電子版お薬手帳初!(注3)ヘルスケア機器とも自動連携
・お薬手帳としての本来の機能にさらに「プラス」して、ユーザーご自身の健康管理をサポートする便利な機能を取り揃えています。
・飲み忘れ防止や通院予定などのカレンダー機能、薬の服用タイミングや通院予定日をお知らせするアラーム機能、そして体組成・血圧・血糖値などの日々の体調管理に重要な健康情報を「お薬手帳プラス」で管理することができます。
・非接触型無線技術であるNFC通信(注4)に対応、電子版お薬手帳としては初めてヘルスケア機器との自動連携によるデータ取り込み機能を搭載(注5)しており、日々の健康管理に大変便利な機能です。
・「処方せん送信サービス機能」を標準装備、本サービスのアプリ・ダウンロード時から利用可能です。最寄りの日本調剤の薬局店舗へ事前に処方せん情報の送信を行うことができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング