集英社初の本格雑誌アプリ「少年ジャンプ+」のプラットフォームにACCESSの電子出版ソリューション「PUBLUS(R)」が採用 ― 電子版「週刊少年ジャンプ」「ジャンプNEXT!!」を毎号配信 ―

@Press / 2014年9月24日 12時15分

「少年ジャンプ+」TOP
 株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)は、同社の電子出版ソリューション「PUBLUS(R)(パブラス)」が、株式会社集英社(本社:東京都千代田区、以下 集英社)の電子雑誌アプリ「少年ジャンプ+」に採用された旨を発表しました。「少年ジャンプ+」は、9月22日より提供開始されました。

 「少年ジャンプ+」は、「少年ジャンプ」の人気マンガ家による新作・歴代ヒット作を毎日読むことができる本格雑誌アプリです。本アプリだけの無料新作連載も続々登場します。また、電子版「週刊少年ジャンプ」「ジャンプNEXT!!」も、本アプリ限定で毎号サイマル配信(紙の雑誌の発売と同時に配信)されます。

 これまでACCESSは、集英社の電子書籍アプリ「ジャンプBOOKストア!」・「ジャンプLIVE」・「マーガレットBOOKストア!」などに「PUBLUS」を提供しています。この度の「少年ジャンプ+」開始に伴い、新たに定期購読や処理の高速化など機能を拡張した「PUBLUS」を提供し、集英社独自のサービス構築を実現いたしました。

 なお、「少年ジャンプ+」はiOS、Android向けアプリのみならず、WEBでもお楽しみいただくことができ、こちらも「PUBLUS」をベースに構築されています。本サービスのコンテンツの管理・登録・サービス運用は株式会社ICEが行います。

 ACCESSは、引き続き、「PUBLUS」の機能拡張を行い、集英社をはじめとする国内外の出版社の電子書籍ビジネス拡大を支援してまいります。


■「PUBLUS」について
 「PUBLUS」は、電子書籍ビューアや、コンテンツ配信、売上管理システムなど、端末からサーバシステムまでを包括的にサポートする電子出版プラットフォームです。国内外の大手出版社、電子書籍サービス事業者などに多数採用されています。
詳細は、 http://jp.access-company.com/products/dpub/ecosystem/ をご覧ください。


■「少年ジャンプ+」アプリ
(対応OS:iOS 6.1以降、但しiOS7以上推奨, Android2.3.3以降、但しAndroid4.0以上推奨)

http://www.atpress.ne.jp/releases/51315/img_51315_1.png
(c) SHUEISHA Inc. All rights reserved
「少年ジャンプ+」TOP

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング