ランドネット、日本の中古マンション売買事業者として初のタイへ販路を拡大 タイ人投資家向け不動産投資セミナーで日本の物件を紹介

@Press / 2014年9月24日 9時30分

セミナーイメージ画像
株式会社ランドネット(本社:東京都豊島区、代表取締役:榮 章博)は、台湾、香港に引き続き、タイに日本の中古不動産の販路を拡大するため、2014年9月26日より、同国でタイ人投資家向けの不動産投資セミナーを開始いたします。日本の投資用中古マンション売買を業とする不動産会社としては、初の試みとなります。


タイ事業の第一段階として、日本の不動産投資に関する認知度向上を目的とした無料セミナーを、9月26(土)・27日(日)の2日間、バンコクにて開催いたします。同国の富裕層向けに、日本の不動産市況、二国間の取引慣習の比較、物件の選定方法などを紹介することで、日本の不動産を活用した資産形成手法の提案をいたします。

当社が主に取り扱う中古ワンルームマンションは、不動産の中でも、相対的に利回り水準が高く、少額投資が可能であることから、タイ人投資家にとって初の海外投資でも購入しやすい商品です。セミナー実施の際に具体的な物件の紹介をすることで、タイ人投資家との取引につなげます。

今回のタイ進出は、安倍政権による経済政策や再開発などにより、日本の不動産市場が活況を呈するなか、海外個人投資家による日本の不動産投資への関心の高まりを背景として実施されるものです。
当社の事業においても、台湾・香港の個人投資家との取引件数が前年比で倍増しており、今後もアジアを中心に市場開拓の余地があるとみています。

中でもタイは、東南アジア諸国の中でも指折りの経済規模を誇り、2020年までに上位中間層から富裕層が人口の半数近くを占めると推定されており、今後更なる市場拡大の余地があること、また、同国は地理的に東南アジアの販路拡大のハブとして活用できるとの観点から、今回の判断に至りました。

今回のセミナー実施により、タイ人投資家の、日本の不動産投資に対する潜在的な需要を調査したうえで、本格的な進出を決定する予定です。今後は現地法人の設立、同国の不動産の日本国内での販売、タイ人留学生向け賃貸斡旋事業などを視野に入れ、同国の市場を開拓してまいります。

タイへの販路拡大により、同国投資家の投資拡大による国内中古不動産市場の活性化、海外不動産取扱による国内投資家の選択肢の拡大、タイ人留学生の円滑な日本滞在支援、観光・ビジネス客の日本への集客力向上など、不動産業界のみならず、日泰の経済的・文化的関係の深化を目指します。


■セミナー日程
日時:2014年9月26日(金)18:30~20:30
   2014年9月27日(土)13:00~15:00
            16:00~18:00
場所:バンコク市内
   ( http://www.okseminar.com/index.php?lay=show&ac=article&Id=539648332 )


■会社概要
名称  : 株式会社ランドネット
所在地 : 東京都豊島区南池袋1-13-23 池袋YSビル6F
設立  : 1999年9月
資本金 : 1億円
従業員数: 185名(2014年9月時点)
代表者 : 代表取締役 榮 章博
URL   : http://landnet.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング