業界初 飲食店を対象とした「アレルギー調査ツール」提供開始 WEBアンケートでお客様の食物アレルギーを調査&情報提供

@Press / 2014年9月25日 11時30分

アレコミュ ロゴマーク
特定非営利活動法人アレルギーっこパパの会(所在地:東京都中央区、理事長:今村 慎太郎)は、飲食店を対象に、食物アレルギーを持つお客様の状況を詳細に調査できるWEBアンケート「アレルギー調査ツール」の提供を開始いたしました。

URL: https://www.allergy-communication.com/


■飲食店がアレルギー対応の安全を判断するWEBアンケート
アレルギー調査ツールのアンケート項目は、「基本情報」「日常の食生活」「具体的な除去食品」で構成され、料理をつくる人が安全を判断する上で参考となる情報を幅広く詳細に取得することができます。現在、食物アレルギーの子どもの98%が外食をし、家庭では原因食品が混入している可能性のある惣菜や加工食品を利用している(※)という状況があります。そこで、アンケートによって得た情報を安全判断の情報として提供したり、除去が必要な原因食品は、摂取可能レベルと摂取可能量などと併せてリスク判断の情報として提供します。

1.基本情報
食物アレルギーを持つ人の氏名、年齢、エピペン所有状況など

2.日常の食生活
外食で利用する飲食店ジャンルとメニュー、使用できる調味料や油、食べられる食品など

3.具体的な除去食品
原因食品、原因食品の摂取可能なレベルと摂取可能量、発症防止に必要な対応など

※当会「食物アレルギーの子どもの外食実態調査」( http://www.arepapa.jp/2013/10/kidswithfa-study/ )


■アレルギー調査ツールの利用方法
アレルギー調査ツールのWEBアンケートへの入力は、食物アレルギーを持つ人が飲食店への問い合わせ時に、飲食店の指示により行われます。入力された情報は、アレルギーっこパパの会を通じて飲食店へ提供され、入力情報は入力者、飲食店、アレルギーっこパパの会で共有されます。

利用スキーム: http://www.atpress.ne.jp/releases/51480/img_51480_2.jpg


■店舗ごとデザインの変更が可能
アレルギー調査ツールWEBアンケートページは店舗の要望に応じてデザインの変更が可能です。また、ウェディングや修学旅行など、特定の場面ごとにデザインの変更が可能で、ウェディング招待状に専用ページURLを掲載することも可能です。

デザイン変更例: http://www.atpress.ne.jp/releases/51480/img_51480_3.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング