幼稚園・保育園向け、知育・教育アプリで遊べるタブレット端末の貸し出しを実施~IT体験を通した園児の発達を共同調査!~

@Press / 2014年9月25日 10時30分

幼児・児童向けの知育・教育アプリ、「あそんでまなぶ!シリーズ」を手掛ける株式会社ユニティ(本社所在地:大阪市西区、代表取締役:山下 優之、以下 当社)は、IT体験を通した園児の発達を共同調査するため、同アプリをインストールしたタブレット端末の貸し出しを実施。NPO法人 児童育成会コッコロ 川崎市片平こども文化センター、社会福祉法人 都島友の会 都島桜宮保育園に導入いたしました。
サービスの目的・内容等について下記の通りお知らせいたします。


【サービスの目的・内容】
「スマートフォン、タブレット端末などのタッチパネルデバイスに触れながら、自然に知育・教育効果を得ることが、未就学児(園児)や小学生にとって、これからの世の中を生きていくための一助になる」と考える当社は、知育・教育アプリ「あそんでまなぶ!シリーズ」の開発を手掛けて参りました。
iPadなどタブレット端末は普及しつつあるものの、まだ各家庭に1台という状況ではなく、IT教育を目的とした幼稚園・保育園での導入も進んでおりません。
そこで、当社は、園児や小学生がIT教育に触れる一つの機会となるよう、幼稚園・保育園・児童館にて、タブレット端末の貸し出しを実施いたしました。
また、幼稚園・保育園・児童館の協力を得て、園児たちが何に興味を持ったか、遊んでみた反応、アプリの稼働率などを共同で調査し、その結果を、今後園児たちにとってより良いアプリになるようフィードバックいたします。


【背景】
iPadなどのタブレット端末普及に伴い、未就学児(園児)でも端末に触れる機会が多くなってきています。また、我が子にタブレット端末を使わせたことがない場合でも、近い将来に使わせたいと思っている保護者も多く、園児の端末使用率は今後も増えることが予想されます。

<タブレット端末を使用したことのある園児>
2012年:14.9%
2013年:20.6%

<WEBアンケート「お子さんはタブレット端末(iPadなど)を使っていますか?>
もう使っている          :20.6%
まだ使っていないが、ぜひ使わせたい:21.5%
まだ使っておらず、使わせたくない :57.9%

「園児とママのデータ vol.11」(サンケイリビング新聞社調べ)より
調査実施時期:2013年5月23日~6月5日
対象:幼稚園児・保育園児のいる保護者(集計数:333件)


【あそんでまなぶ!シリーズとは】
http://www.uni-ty.com/asondemanabu/
幼児・児童向けの知育・教育アプリとして、計算、立体認識、音感、記憶などのジャンルで開発しています。2014年9月24日現在、App StoreとGoogle Playにて、それぞれ35シリーズをリリースしています(iOS、Androidに対応)。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ユニティ アプリケーション事業部
〒550-0011 大阪市西区阿波座1-4-4 野村不動産四ツ橋ビル2F
電話 : 06-4391-8880(月~金:10~18時/土日祝:休日)
E-mail: info@uni-ty.com
URL  : http://www.uni-ty.com/asondemanabu/


【会社概要】
会社名: 株式会社ユニティ
本社 : 〒550-0011 大阪市西区阿波座1-4-4 野村不動産四ツ橋ビル2F
設立 : 平成15(2003)年6月16日
代表者: 代表取締役 山下 優之
資本金: 15,000,000円
URL  : http://www.uni-ty.com

※本リリースに掲載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング