『エネチェンジプラン診断』での電気料金プラン診断、1,500回を突破、平均約13,000円/年の電気代節約をご提案

@Press / 2014年9月25日 11時30分

ケンブリッジ・エナジー・データ・ラボ社
 ケンブリッジ・エナジー・データ・ラボ社(Cambridge Energy Data Lab, Ltd)が運営する電気料金比較サイト「エネチェンジ」で提供中のサービス『エネチェンジプラン診断』では、8月5日のサービス利用開始から約1ヶ月程度で「電力料金診断」回数が1,500回*を突破し、年間平均で12,830円の電気代節約が可能な電気料金プランをご提案させて頂きました。

*利用者様が現在のプラン情報を入力し、結果一覧から乗り換え先のプランを選択し、手続き方法のページを確認した回数


【『エネチェンジプラン診断』とは】
 『エネチェンジプラン診断』では、電気のご利用状況について5つの質問に答えていただくだけで、各電力会社の全プランについて、独自の電力消費のビッグデータをもとに構築したアルゴリズムにより年間の電気代負担を算出し、プランを変更した場合に想定される節約金額を順位付けします。
 この順位をもとに、利用者様のご家庭に最適な電気料金プランをおすすめし、新しい電気料金プランへの変更の手続き手順までをご案内するサービスです。
 「エネチェンジ」では、2016年の電力小売全面自由化により、一般家庭でも電気の購入先を自由に選べる時代がくることを見据え、公平で中立的な電気代節約方法を今後も提供して参ります。


【平均で年間約13,000円の予想節約金額をご提案】
 『エネチェンジプラン診断』がこの期間にご提案した予想節約金額の平均は、年間約13,000円でした。現在契約中の電気料金プランから最適プランに変更するだけで、大きな節約効果が期待できることがわかります。

※総務省統計局の調査によると、過去3年間の一般家庭の電気代の平均額は2人世帯で年間約10万円、3人世帯で年間約12万円、4人世帯で年間約13万円です。詳しくは以下の記事をご参照ください。 http://enechange.jp/articles/average-of-family/


【標準プランを利用中の家庭の約70%が、約15,000円もの節約のチャンス有】
 約70%もの利用者様が、従量電灯A、B、Cなど各電力会社の標準プランを契約されていました。オール電化等で電気料金プランを変更されていない家庭では、基本的には、標準プランを利用している場合が多くあります。そうした標準プランの利用者様は、全体平均よりも節約額が大きく、年間平均14,720円もの節約金額をご提案させて頂いています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング