賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年9月および 関西圏・中京圏版 2014年9月 を発表

@Press / 2014年9月26日 10時30分

1都3県賃貸住宅市況図
 不動産評価Webサイト「TAS-MAP」( http://www.tas-japan.com/ )を運営する株式会社タス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:立野 良太郎)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年9月」および「賃貸住宅市場レポート 関西圏・中京圏版 2014年9月」を発表しました。


 首都圏版では「2014年第2四半期 1都3県賃貸住宅市況図」、「東京23区ハイクラス賃貸住宅の市場動向」および「2014年7月期の1都3県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率)」を掲載しています。
 また関西圏・中京圏版では「空室率と賃料の差で見る大阪市各区のリスクプレミアム」および「2014年7月期の関西圏・中京圏賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率)」を掲載しています。
 これらの分析はアットホーム株式会社から提供を受けた、アットホーム全国不動産情報ネットワークに公開された情報若しくは成約状況を用いて行われています。

詳細PDF:
「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年9月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol57_residential20140926.html

「賃貸住宅市場レポート 関西圏・中京圏版 2014年9月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol29_resikansai20140926.html


1.首都圏版の概要
(1) 2014年第2四半期 1都3県賃貸住宅市況図
 東京23区では、墨田区と品川区が「やや悪い」→「やや良い」と好転しましたが、千代田区が「良い」→「やや良い」、荒川区が「やや良い」→「やや悪い」、江戸川区が「やや悪い」→「悪い」と悪化し、「良い」の地域がなくなりました。
 トレンドが上昇を示す地域は、2014年第1四半期の2地域から、2014年第2四半期は6地域と増加しました。また、下降を示す地域は、10地域で横ばいでした。
 2014年7月に17ヶ月ぶりに前年同月比を下回ったものの、相続税増税対策の新規賃貸住宅供給量は高い水準にあります。賃貸住宅の賃料は空室率よりも景気動向の影響を強く受けます。地価格上昇、売買価格上昇、建設費高騰等の影響を受けて、賃料が上昇傾向になってきましたが、空室率の悪化は、賃貸住宅の収益の悪化要因となります。引き続き、市況の変化に注意が必要でしょう。

@Press

トピックスRSS

ランキング