今年も開催!秋の味覚「松茸づくし」プラン『6つの調理法で楽しむ松茸料理』を10月末まで期間限定で提供! ~昨年は2ヶ月で51組138食を販売!~

@Press / 2014年10月1日 10時30分

焼き松茸
宮城県の遠刈田温泉にて旅館業を営む「旅館三治郎」(運営:有限会社三治郎旅館、代表取締役:大宮 幸博、所在地:宮城県刈田郡蔵王町)では、毎年9月から10月31日まで、山の味覚として、「松茸づくし」の宿泊プランにて『6つの調理法で楽しむ松茸料理』を提供しております。

昨年2013年は、2ヶ月間で51組・138食を提供しました。昨年よりも1つプラスして6つの調理法で楽しめる新プランをリリースしたところ、今年も9月末まで25組の予約をいただくという、人気のプランとなっています。

旅館三治郎: http://www.sanjirou.co.jp/
焼き松茸 : http://www.atpress.ne.jp/releases/51575/img_51575_1.jpg


■毎年30万人超が蔵王連峰の紅葉を見るため蔵王エコーラインをドライブ
毎年10月~12月の紅葉の時期には、30万人超の方が蔵王連峰に訪れています。また蔵王エコーラインをドライブして刈田山頂に訪れた方は、98,000人(2013年10月~12月実績)でした。同時期に旅館三治郎に泊まるお客様の7割が宿泊後、蔵王エコーラインをつかって紅葉を楽しんでいます。蔵王エコーラインで紅葉を楽しむ方の多くは、山の味覚を存分に味わいたいという方が多いため、旅館三治郎では、秋の味覚の王様「松茸」を楽しんでもらうプランを提供しています。


■「食欲の秋到来!秋を感じるグルメといえば?」で「マツタケ」が3位!
gooランキング(2014年9月23日)では「食欲の秋到来!秋を感じるグルメといえば?」では、「マツタケ」が3位にランクインしています。一般の食卓ではなかなか手を出しづらいマツタケも、秋の行楽、温泉旅行の醍醐味の1つとして楽しんでいただいています。
http://ranking.goo.ne.jp/column/3/3252/


■6つの調理法で楽しむ松茸料理プランの内容
三治郎では、秋の味覚の王様「松茸」を、「食感」「香り」「味」を損なわないように生の松茸を使用しています。秋の温泉旅行を食事でもお楽しみいただけます。

(1) 吸物 松茸土瓶蒸し
特別な調味料は一切使わず、松茸・鶏肉・海老・銀杏の素材本来の出汁が秋らしい香りと味覚を一番美味しいタイミングで提供しています。

(2) 焼物 焼き松茸
6cm以上の松茸を、最も香りを味わえる焼き松茸として提供します。松茸プランを予約していない方でも、お隣の香りを感じて追加でご注文されることもあります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング