KVH、FOWの「Data Centre of the Year for Asia 2014」を受賞

@Press / 2014年9月26日 11時0分

FOW Award 2014
アジアの情報デリバリー・プラットフォームを提供するKVH株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:東瀬エドワード、以下「KVH」)は、Futures and Options World (FOW)が主催する「FOW Awards for Asia 2014」において「Data Centre of the Year Award for Asia 2014」を受賞したと発表しました。「FOW Awards for Asia」は、アジアと中東地域における取引市場と関連インフラのパイオニアに授与されるアワードです。KVHは、日本を始め、香港、シンガポール、韓国などのアジア太平洋地域の国々を中心にデータセンターを展開しており、金融業界やITサービス提供事業者などのミッションクリティカルなニーズに合わせてデータセンターを設計・運用してきたことが評価されました。
KVH、マーケティング部 執行役員であるピーター・ジェドリー(Peter Jedrey)は次のように述べています。「アジア地域で展開するKVHのデータセンターが同賞を受賞したことを大変光栄と思っております。KVHは、アジア地域において継続的な投資を行っており、新しいファシリティを構築することで当社のお客様に幅広いトレーディング機会を提供してきたリーディング企業として評価されたと思っております。アジア市場は、グローバルな成長を牽引しており、アジア市場内外におけるローカル及びグローバルなトレーディングを支える堅牢なインフラへのニーズが年々高まっています。KVHは、『アジアの情報デリバリー・プラットフォーム』をミッションに掲げ、今後もこのような増大する需要に応えていきます。」
KVHはアジア地域全域で9つのデータセンターを戦略的に展開しており、19ヵ所以上の取引所向けの超低遅延で接続するプロキシミティホスティング及びコロケーションサービスを提供しています。
KVHについて
KVHは、1999年に米国フィデリティ・グループにより東京を本社として設立されました。アジア地域を代表する情報デリバリー・プラットフォームとして、高品質なデータセンター設備と低遅延のグローバル・ネットワーク、拡張性の高いIT、クラウドのマネージド・サービスを、ミッションクリティカルな情報や機密性の高い情報を扱う世界中の企業やサービスプロバイダーに提供しています。アジア地域の拠点として設立されたKVHは、東京、横浜、大阪に加え、香港、上海、シンガポール、ソウル、釜山、シカゴにも拠点を構え、シームレスなグローバルITサービスを展開しています。顧客は2,000社を超え、その業種は、金融、製造、メディア、ゲーム、通信事業者、Eコマースなど多岐にわたっています。詳しくはKVHのウェブサイトhttp://www.KVHAsia.com をご覧ください。



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング