第33回BIFF&BIL 2015 ニューコンセプトおよび新たなビジネススキーム導入について

@Press / 2014年9月26日 14時0分

コンセプト イメージ
タイ国商務省国際貿易振興局(DITP)により、毎年3月に開催されるバンコク国際ファッションフェア&バンコク国際レザーフェア(BIFF&BIL)は、第33回となる2015年3月の開催より、コンセプトを一新します。

同時に2015年発効が予定されているASEAN経済共同体(AEC)を見越し、タイおよびASEAN地域のファッション産業について把握し、参入時における窓口となれるよう、展示会機能の拡充を行います。それにともない、去る9月25日(木)に、ifs未来研サロン(港区北青山)にて、BIFF&BIL2015ニューコンセプトローンチイベントを開催しました。

<ローンチイベントの様子>
http://www.atpress.ne.jp/releases/51612/img_51612_3.jpg

具体的には、ゾーニングの明確化と高まりつつある高齢者対応等ニーズに応えるべく、専門性の高い商材の集積、マッチング機能強化等により、より商品買い付けのしやすい運営手法を導入すること、また出展企業、特にASEANへの新規参入、この地域でのビジネス展開の拡大をお考えのファッション事業者様に向けては、ASEANでの生産を含めたビジネスモデルの構築につながるような、川上~川下までの一気通貫での展示方式等を取り入れ、産地および市場としての重要性が高まるこの地域でのビジネス展開のきっかけづくりとなる展示会への成長を図っていきます。

日本のバイヤーおよびファッションビジネスを展開する方々にとっても、このリニューアルによりBIFF&BILがタイやASEANのファッションマーケットへの有効な窓口になるものと考えています。

■ニューコンセプト:Catching the Creative Spirit
http://www.atpress.ne.jp/releases/51612/img_51612_1.png

このコンセプトのもと、魅力的なコンテンツの導入、来場者が欲しているものを見つけやすい運営への移行、そしてタイおよびASEANにある革新的で高品質な素材やデザインの集約等、様々なリニューアルを実行し、BIFF&BILを世界とタイ・ASEANのクリエーションが出会う場へとしていきます。


■多様な強化策の導入
◆来場者の目的に合わせた4つのゾーニング
ゾーニングを今まで以上に明確にすることにより、出展企業とバイヤーのマッチング精度向上を図ります。これによりバイヤーはよりクオリティーの高いものを素早く見つけることが可能になります。
また川上~川下を一気通貫で見ることができるゾーンを用意し、AECにより一体感の強まるASEANマーケットでのビジネススキーム構築をサポートします。
第33回BIFF&BIL 2015では、新たなコンセプトの下、ファッションシーンにもとづき以下の4つのゾーンに分け展示を行います。
(1) The Salon / ザ・サロン
フォーマルファッションと、そのスタイリングにマッチするようなレザーアイテム
(2) The Street / ザ・ストリート
カジュアルファッションおよび、スタイリングにマッチするようなレザーアイテム
(3) The Heritage / ザ・ヘリテージ
シルクやテキスタイル、手作りの雑貨等、タイやASEAN地域の独自のアパレルやレザー製品
(4) The Source / ザ・ソース
素材からテキスタイル、縫製や加工材等、ファッションプロダクトの製造に必要になるもの全て

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング