ハウスプラザ、リノベーション事業「h+」住宅プランがグッドデザイン賞受賞 プランニングや素材の選択、洗練されたディテールが評価

@Press / 2014年10月1日 13時30分

h+ RENO(エイチプラスリノ)
 株式会社ハウスプラザ(本社:東京都足立区、代表取締役社長:川瀬 英嗣)のリノベーション事業「h+(エイチプラス)」の住宅プランがこのたび2014年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞いたしましたのでお知らせします。

 今回受賞した「h+ RENO(エイチプラスリノ) フレキシブルファニチャープラン」は生活スタイルに合わせて部屋数と部屋の大きさを自由に変更できるリノベーションプランです。受賞にあたっては、エコ素材であるハーベストパネルを使用した可動式の間仕切りと収納、玄関部分のゆとりのある土間スペースのデザインが高く評価されました。当社では今回の受賞を契機に、よりリノベーション推進を図り、ユーザーに合ったプランを提供してまいります。


■製品名称
h+ RENO(エイチプラスリノ) フレキシブルファニチャープラン
※現在、モデルルームとして一般公開中。見学会は下記より受付。
https://www.h-plaza.co.jp/contents/code/form02?re=1412035806

■製品概要
 中古マンションのフルリノベーション。コンセプトは「家族の成長に適応する住まい」。玄関からリビングまでの壁を連続する大きな可動間仕切りにしたことで部屋の数を自由に変更することができます。加えて、部屋と部屋の間仕切りに可動式の収納を採用したことで、部屋の大きさも自由に変更が可能です。お子様の誕生や成長など、家族の状況に合わせて、住空間を変幻自在に変更できるプランです。また、玄関にはベビーカーや自転車などを楽におけるゆとりの土間スペースを確保。キッチンと一体となったダイニングテーブルは伸縮可能で最大6名まで座れるなど、来客への備えも万全です。

■設計への想い
 趣味やファッションが自分の心を満たしてくれるのと同じように、住まいが自分らしさを存分に表現できる場所になるとしたら、毎日の生活はもっと楽しくなるはずです。今回の企画では家族のライフスタイルの変化に合わせて住空間を自由に変更することできます。「末永く心地よく住める」ということを一番に考え、企画設計させて頂きました。

■グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
 マンションのリノベーションにおける可動間仕切りや可動収納の提案自体はそれほど新規性のあるものでないが、基本的なプランニングや素材の選択、さらにディテールなどが整理されており、評価に値する。
 エントランスに設けられた広々とした土間空間も、住戸に入ったときの印象を清々としたものとしている。


10月31日(金)から東京ミッドタウンで開催される受賞展「グッドデザインエキシビション2014(G展)」会場で、当社の「h+ RENO(エイチプラスリノ) フレキシブルファニチャープラン」が受賞作として紹介される予定です。

グッドデザインエキシビション2014(G展)
会期:10月31日(金)~11月4日(火) 11時~20時
   ※最終日(11月4日)は11時~18時
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)

※グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで55年以上にわたって、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は39,000以上にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞です。グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。


■会社概要
商号  : 株式会社ハウスプラザ
代表者 : 代表取締役社長 川瀬 英嗣
所在地 : 〒120-0005 東京都足立区綾瀬4-9-30
設立  : 1989年3月
事業内容: 不動産売買の仲介、不動産賃貸の仲介、自社開発分譲、
      不動産コンサルティング、不動産の販売受託、損害保険の取扱い
URL   : http://www.h-plaza.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

2014年度グッドデザイン賞 受賞 可動式間仕切り・収納 ゆとりのある土間

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング