「外国人観光客の受入環境の充実・強化に向けた実証実験『Hiroshima Free Wi-Fiプロジェクト』に関する協定」の締結について

@Press / 2014年9月30日 15時30分

 広島市(市長:松井 一實)と西日本電信電話株式会社(代表取締役社長:村尾 和俊、以下、NTT西日本)、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(代表取締役社長:南川 夏雄、以下、NTTBP)は、広島市への外国人観光客の一層の増加に向け、外国人受入環境の更なる充実を図るため、広島市中心部を重点エリアとし、無料公衆無線LAN(以下、フリーWi-Fi)環境の面的拡大等の実証実験を実施する協定を締結いたしました。


1. 実証実験実施の経緯
 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催決定を受け、日本各地における外国人観光客誘致に向けた動向が大変注目されています。
 広島市では2013年8月1日から広島市を訪れた外国人旅行者でも簡単に使える屋内型のフリーWi-Fiサービス「Hiroshima Free Wi-Fi」※1を現在市内公共施設等9か所において運用しており、その利用者数は増加しています。
 一方、NTTグループにおいても、Wi-FiをはじめとするICT分野においてこれまで培ってきた経験や最新の技術を活かした地域活性化の支援について検討を進めてきました。
 そうした中、Wi-Fiを活用した更なる外国人観光客の周遊・誘客、地域活性化に向けての取り組みについて、実証実験を行うことを3者が合意し、今回の協定締結となりました。

※1「Hiroshima Free Wi-Fi」の詳細は次のホームページをご覧ください。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1409563567640/index.html


2. 実証実験の概要
(1) 実証実験名
外国人観光客の受入環境の充実・強化に向けた実証実験
「Hiroshima Free Wi-Fiプロジェクト」

(2) 目的
地域における外国人観光客の滞在期間中の満足度を高め、更なる観光客の増加等につなげるとともに、本実証実験の成果に基づきWi-Fiを活用した更なる外国人観光客の周遊・誘客、地域活性化に向けた取り組みについて検討を行う。

(3) 期間
2014年10月1日~2015年9月30日

(4) 実験エリア
広島市内(中心部を重点エリア)

(5) 実験テーマ
[1]外国人観光客向けフリーWi-Fiの面的拡大(多言語対応)
・実証実験期間中の「Hiroshima Free Wi-Fi」アクセスポイントの拡充
(「Japan Connected-free Wi-Fi」アプリケーション※2によるシングルサインオン対応)

@Press

トピックスRSS

ランキング