中国放送とNTT西日本が「RCC広島カープ」アプリを「光BOX+」にて提供開始 ~広島東洋カープの動画、試合速報などが「光BOX+」によりテレビで簡単に楽しめる~

@Press / 2014年9月29日 10時30分

 株式会社中国放送(本社:広島県広島市、代表取締役社長:青木 暢之、以下、RCC)と西日本電信電話株式会社 中国事業本部(所在地:広島県広島市、中国事業本部長:川上 和重、以下、NTT西日本)は、NTT西日本が提供する「光BOX+」(情報機器)※1にて、RCCが運営提供する広島東洋カープ球団公式モバイルサイト「RCC広島カープ」の配信コンテンツが、自宅のテレビで手軽に楽しめるアプリ「RCC広島カープ for 光BOX+」(以下、本アプリ)を2014年10月1日(水)より提供開始いたします。

※1 「光BOX+」は、テレビに接続することで簡単にインターネット上のコンテンツ利用を実現する、Android OS搭載のセットトップボックスです。本製品によるインターネット利用は、「フレッツ光」等のアクセス回線、及び対応するプロバイダーとの契約、ルーター等が別途必要です。またHDMI端子付きのテレビが必要です。ページによっては動画や音声が再生されなかったり、文字や画像が正しく表示されない場合があります。Adobe Reader、JAVA等のプラグインには対応しておらず追加することもできません。詳しくは、NTT西日本ホームページ[ http://www.ntt-west.co.jp/kiki/hikaribox/ ]でご確認ください。


1. 提供の背景とサービス概要
 RCCが運用する「RCC広島カープ」は、1999年8月から提供を開始し、15年以上の運用実績を誇る広島東洋カープ公式のモバイルサイトです。「RCC広島カープ」は試合のダイジェスト動画や速報、コラム、最新ニュース等、広島東洋カープに関する様々な情報を配信しています。
 一方、NTT西日本は「フレッツ光※2」と「光BOX+」によるテレビを活用した新たな利用シーンを提案し、簡単に楽しくインターネットを使える環境の普及・拡大に努めてまいりました。
 このような背景からRCCとNTT西日本は、「光BOX+」に対応した本アプリを提供することにより、テレビの大画面から簡単なリモコン操作で、広島東洋カープに関する動画、情報等をお楽しみいただける環境の普及拡大を図ることとしました。

※2 インターネットのご利用には、プロバイダーとの契約・料金が必要です。サービス提供エリアであっても利用できない場合があります。エリアについてはお問い合わせいただくか[ http://flets-w.com/ ]をご確認ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング