リチウムイオンバッテリーの熱暴走を抑制するSTOBA(R)の製造販売に関する独占ライセンスについて ~STOBA(R)は、LIBの発火リスクを大幅に低減します~

@Press / 2014年9月29日 14時30分

STOBA(R)のパウダー
 台湾工業技術研究院(院長:徐爵民、以下 ITRI)は、三井化学株式会社(代表取締役社長:淡輪敏、以下 三井化学)の台湾子会社である亞太三井化学股イ分有限公司(董事長:平岩 健司)に対し、ITRIが発明した世界唯一(※ITRI、三井化学調べ)のリチウムイオンバッテリー(LIB)の熱暴走を抑制する技術STOBA(R)の製造販売に関する特許独占ライセンスを供与することを決定し、9月16日に契約を締結しました。


 ITRIは、2006年に台湾政府によるサポートの下、従来の安全材料とは異なるメカニズムでLIB異常時の熱暴走を抑え込む革新的な材料STOBA(R)を世界で初めて開発し、2009年には米国R&D100 Awardを獲得しています。2012年からは三井化学と共同開発を実施するとともに共同で市場性を評価してきました。
 STOBA(R)は、ナノサイズの樹木状構造を持つ機能性ポリマーであり、LIB異常発生の高温時になると被膜を形成し、リチウムイオンの移動を抑制することで電池を安全に停止させます。既に台湾では、スマートフォンなどの電子機器に採用されるとともに、安全性を重視するEバイクなどのパーソナルモビリティ(PMV)にも採用されています。
 蓄電市場では、更なる高エネルギー化(高出力・高容量)、大型化や、電気自動車などの車載用途拡大に伴う安全性の向上が喫緊の課題となっています。さらに、危険性の高い高エネルギー系正極材料の市場も拡大し、より一層電池の安全性が求められており、STOBA(R)独自の安全メカニズムは、“STOBA(R) inside”のLIBの信頼性を高めるとともに、LIB市場の拡大に大きく貢献すると考えられます。
 今後、三井化学は、2016年度までにSTOBA(R)の台湾での製造拠点設立を進めるとともに、保有するポリマー技術及び複合技術との融合で、STOBA(R)の性能向上を図り、将来的にはSTOBA(R)を使用したLIB用の部材開発も進める計画です。


■関係者コメント
<台湾経済部 技術処 傅偉祥 副処長>
 高安全性のLIB材料STOBA(R)は2009年に米国R&D100 Awardを獲得し、全世界の注目を集めました。台湾国内の4大電池企業(Molicel、Amita、SYNergy ScienTech、Lion Tech)での採用を促進し、既に日本の無停電電源装置やモバイル電源として採用されています。また、自動車メーカーと共に電気自動車向けの電池を開発し、さらに台湾国内のLIBの競争力を向上させました。ITRIがSTOBA(R)材料の独占ライセンス権を三井化学グループへ供与したことで、STOBA(R) inside電池とともに台湾電池メーカーの国際的知名度を高め、台湾において高安全で高品質なLIB産業が構築される事を期待しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング