京都精華大学人文学部客員教授に養老 孟司氏と内田 樹氏の就任が新たに決定

@Press / 2014年9月30日 14時0分

養老 孟司氏
京都精華大学(所在地:京都市左京区、学長:竹宮 惠子)は、2015年度に人文学部のカリキュラムを一新。文学、歴史、社会に対する学びを基盤に、人間と社会の本質を探究し、人文学の思考によって、社会の諸問題に向き合える人材の育成をめざします。そこで、人文学の領域において、日本を代表する養老 孟司氏と内田 樹氏の2名を客員教授にお招きすることが決定しました。就任予定年月日は2015年4月1日です。

養老氏は、解剖学者として東京大学医学部等で長年活躍してこられました。著書も多く、『からだの見方』で1989年にサントリー学芸賞を受賞、2003年出版の『バカの壁』は同年のベストセラー1位となり、毎日出版文化賞特別賞を受賞しています。
専門分野である解剖学のほか、哲学や思想、社会学はもとより、マンガやテレビゲームにも造詣が深く、解剖学を中心とした多角的な視点で人間や現代社会への探求を続けてきた、他にはない研究者、識者といえます。そのような養老氏の独自の視点とこれまでの研究業績が、本学学生にとって大きな影響を与えることを期待し、客員教授への就任にいたりました。

内田氏は、神戸女学院大学名誉教授であり、哲学研究者、思想家、倫理学者、武道家など幅広い分野で活躍されています。専門はフランス現代思想で、中でもフランスの哲学者エマニュエル・レヴィナス著書の翻訳、研究を重ねてこられました。レヴィナスを基点とするユダヤ人問題をテーマとした『私家版・ユダヤ文化論』で第6回小林秀雄賞を受賞、『日本辺境論』では2010年新書大賞を受賞するなど、著書も多数。そのほか、映画、武道論など著作のテーマは広く、現代社会にかかわる問題全般を対象としています。教育問題に対しても独自の考えを有し、高等教育の役割を学生自身の知性の活性化にあるとし、そのための欲動・姿勢をもたらすものでなければならないと語っておられます。このような考えを持つ内田氏から、本学学生への直接的な働きかけによる教育効果が期待されます。

両氏には、学生たちに対し年数回の特別講義をご担当いただく予定です。

新たに就任が決まった客員教授2名のプロフィール、就任にあたってのコメントは以下のとおりです。


■養老 孟司(ようろう たけし/1937年11月11日生まれ)
解剖学者、東京大学名誉教授
http://www.atpress.ne.jp/releases/51734/img_51734_1.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング