タレント市井紗耶香、ミスインターナショナル森理世も驚愕のストレッチダイエットの効果 『ストレッチダイエット カラダ総選挙3』 ~50日間のダイエット成果発表~

@Press / 2014年10月1日 9時30分

オールメンバー
2014年9月27日都内にて、『ストレッチダイエット カラダ総選挙3』を株式会社スリーエスグループジャパンが開催いたしました。今回で3回目となる本イベントでは、ドSストレッチトレーナーとして有名な兼子ただし開発のストレッチで痩せる「ストレッチダイエット」に挑戦した男女10名が、驚きの変化を披露しました。

2014年8月8日~2014年9月27日までの50日間、ストレッチで姿勢を正して行うストレッチダイエットに一般の男女10名が挑戦しました。会場にはゲスト審査員として、タレントの市井紗耶香とミスインターナショナル 2007 世界大会グランプリの森理世、双子のキックボクシング世界チャンピオン江幡塁と睦の兄弟が登場し、挑戦者たちを独自の視点で厳しく審査しました。

たった50日間でウエスト-19.2cm、体重-13.5kg、太もも-10.3cm、兼子ただしのストレッチダイエットの驚きの効果が次々に披露され、特別審査員からは質問が投げかけられました。その食事法では、ダイエット中にもたくさん食べたというエピソードや外食時にはステーキを食べていたという挑戦者もおり、そのエピソードに、市井は驚いていました。
兼子とゲストとのトークショーでは、兼子は内臓をストレッチさせるファスティングについて語り、内臓を休めると翌朝スッキリと目覚めることができ、体調も良くなるなど、その効果の高さについて明かし、食事の取り方や摂取する栄養素が睡眠に及ぼす影響について、会場の観客は頷きながら真剣に聴き入っていました。
森は日頃の美容意識について語りつつ、自身が教えるダンス教室でもストレッチを大事にしていることを明かし、兼子のストレッチダイエットの理論に賛同していました。

グランプリに輝いた川田ゆう子さんは、50日間でウエスト-17.1cm、体重は-10.3kg、太もも-8.9cmと驚異の結果を披露し、歓喜の涙をみせました。その美しく進化した姿に兼子やゲスト審査員も大絶賛でした。『優勝する姿をイメージし努力を続けた』という挑戦者のコメントに森は、自身のミスインターナショナルでの経験から優勝の瞬間の喜びに共感すると語り、挑戦者たちの努力した美しさを称賛しました。

ストレッチダイエットは、ストレッチで体のラインを美しいS字姿勢にし、痩せやすい体にすることがポイントです。ダイエットにストレッチを組み入れると、ボリュームのあるヒップや引き締まった美脚など、ダイエットの域を越えたメリハリボディが手に入るというプログラム。兼子は『正しいダイエットは継続できる』と語り、『巷で一時的なダイエットが散漫している状況の中で、正しいストレッチ、正しいダイエット、リバウンドしない継続できるプログラムを伝えていきたい』と続けられる大切さを説きました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング