最も魅力的な市区町村は函館市。北海道は6年連続 世界文化遺産登録決定の富岡市は魅力・観光意欲とも急上昇も、群馬県はほぼ横ばい 第9回「地域ブランド調査2014」調査結果

@Press / 2014年10月6日 12時0分

株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役:田中 章雄)は国内1,000の市区町村及び47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全74項目からなる調査「地域ブランド調査2014」を実施しました。今年で9回目の実施(年1回実施)となる今回の調査では、全国の消費者3万1,433人から有効回答を得ました。


<調査結果サマリー>
全国で最も魅力的な市区町村は函館市となりました。同市が1位になったのは2009年以来2度目。回答者の77.9%が函館市を「魅力的」だと回答しています。2位は前年3位の札幌市。前年1位だった京都市は3位に後退。同市は観光意欲度も低下しています。なお、47都道府県の1位は北海道で6年連続1位でした。
「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界文化遺産登録が決定した富岡市は情報接触度が急上昇。魅力度、観光意欲も大きく上昇しており、今回の登録決定に関連する一連の情報接触が富岡市に対するイメージ向上などに寄与したものと思われます。


■市区町村の魅力度ランキング

順位  市区町村名 魅力度
1 (2) 函館市   51.3(53.4)
2 (3) 札幌市   49.1(52.1)
3 (1) 京都市   48.0(53.8)
4 (6) 小樽市   45.2(45.4)
5 (4) 横浜市   43.4(48.0)
6 (5) 富良野市  42.0(46.8)
7 (8) 神戸市   40.9(42.4)
8 (7) 鎌倉市   37.0(42.8)
9 (9) 金沢市   36.5(41.5)
10(13) 屋久島町  34.7(35.1)


■都道府県の魅力度ランキング

順位  都道府県名 魅力度
1 (1) 北海道   62.7(65.3)
2 (2) 京都府   50.1(49.1)
3 (3) 沖縄県   43.0(44.3)
4 (4) 東京都   41.5(40.6)
5 (5) 神奈川県  30.6(29.1)
6 (6) 奈良県   29.3(27.3)
7 (7) 福岡県   26.4(27.1)
8 (8) 大阪府   26.3(26.2)
9 (9) 長野県   25.6(23.9)
10(11) 長崎県   23.0(22.0)

※カッコ内は2013年調査の順位および点数


≪その他の調査結果については
http://tiiki.jp/news/05_research/survey2014 をご参照ください≫

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング