YOMIURI ONLINEに読売中高生新聞特設サイト開設 11月7日創刊の中高生新聞の見どころをいち早くお知らせ

@Press / 2014年10月7日 15時30分

内容をいち早く
読売新聞東京本社は10月7日、ニュースサイト「YOMIURI ONLINE(ヨミウリ・オンライン)」に、読売中高生新聞の特設サイトを開設しました。11月7日に創刊する読売中高生新聞のおすすめコーナー、見どころをいち早く紹介します。また、10代の本音を語り合う、無料の紙面連動アプリ「Yteen(ワイティーン)」もリリース、中高生に向けた情報発信に力を入れています。


■「特設サイト」主なコンテンツ
(1)読売中高生新聞とは
(2)創刊準備号から
(3)編集室から
(4)取材現場に密着
(5)私もおすすめします

11月7日創刊の読売中高生新聞は旬のニュースをわかりやすく紹介するだけでなく、英会話や作文、ファッションとバラエティー豊かな情報が詰まっています。特設サイトは中高生の役に立つ情報満載の中高生新聞の見どころをどこよりも早くお届けします。

「創刊準備号から」では、9月から10月にかけて、各地の読売新聞販売店で配布された創刊準備号の主要ページの紙面イメージを掲載。準備号を手に入れられなかった人にも中高生新聞のデザインやレイアウトが一目でわかります。

「編集室から」では、中高生新聞の紙面に載るおすすめのコーナーや目玉企画など、中高生新聞編集室発の情報を週1回から2回の更新で提供します。中高生新聞を読む楽しみが増し、紙面に親しみを感じてもらうためのコーナーです。

創刊に向けて着々と準備が進む中高生新聞。「取材現場に密着」では、読者にいい記事を届けたいとの思いを胸に日夜奮闘する記者や新聞制作にかかわるスタッフの素顔を紹介します。

著名人に創刊準備号を手にとってもらい、おすすめの言葉を語ってもらう「私もおすすめします」。1回目はニュースの目利きで知られるシンガーソングライターのmiwaさんが登場、2回目は脳科学者の茂木健一郎さんに脳を鍛える新聞の読み方を語ってもらう予定です。


■サイトURL
中高生新聞特設サイト http://www.yomiuri.co.jp/teen/zero/
YOMIURI ONLINE    http://www.yomiuri.co.jp/


■アプリ「Yteen」
読売新聞では、読売中高生新聞の投稿面と連動し、読者との「双方向性」を実現したアプリ「Yteen(ワイティーン)」を開発しました。スマートフォン用の無料アプリです。

主なコーナーとしては、勉強や部活、恋など10代ならではの悩みに、同世代や著名人が答える「解決!四天王」がまず挙げられます。レギュラー回答者は、サッカー日本代表の川島永嗣選手、モデルの鈴木奈々さん、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さん、精神科医の斎藤環さん。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング