マイナビと京都電子計算が、学校向け入試広報業務支援サービスで業務提携

@Press / 2014年10月10日 11時30分

サービスイメージ図
株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川 信行、以下 マイナビ)の進学情報ポータルサイト『マイナビ進学』( http://shingaku.mynavi.jp )を運営する教育広報事業本部と、京都電子計算株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:小崎 寛、以下 京都電子計算)は、学校向け入試広報業務の支援サービス分野で業務提携いたしました。
マイナビが提供する資料請求者データ管理システム『進学アクセスオンライン』と、京都電子計算のインターネット出願システム『Post@net(ポスタネット)』を連携可能にするとともに、2016年4月入学者の募集活動に対する支援に向け、10月10日(金)より両システムの販売も共同で行ってまいります。

少子化の影響から、入学者の定員割れが増加するなど、大学、短大、専門学校の学生募集環境は年々厳しさを増しています。そのため、志願者の「質」と「数」を確保すべく、最適な広報計画の立案と実行が各学校にとって大きな課題となっています。

今回、『進学アクセスオンライン』と『Post@net』が連携することで、両システムを導入した学校(大学、短大、専門学校)は、『進学アクセスオンライン』の追加機能を使い『Post@net』で管理している出願者データを取り込み、両データのマッチングが可能になります。そのため、資料請求者と出願者に関する様々な統計結果や分析データが簡易に取得でき、データに基づいたより戦略的な広報計画を立案できるようになります。※詳しくは下記サービスイメージ図をご覧ください


『マイナビ進学』と京都電子計算は、今後も共同で学校の入試広報業務を支援するトータルソリューションの提供を通じ、学校の課題解決に貢献してまいります。


■サービスイメージ図
http://www.atpress.ne.jp/releases/52232/img_52232_1.jpg


■『進学アクセスオンライン』について
株式会社マイナビが提供する、接触者管理から高等学校への広報活動まで、大学・専門学校の募集活動をトータルに支援する総合データベースアプリケーション。大学・短大・専門学校と受験生、そして高等学校との関係をデータ管理することで、より戦略的な広報活動が実現します。2014年10月現在、『進学アクセスオンライン』の導入校は200校を超え、全国の大学・短期大学・専門学校にご利用いただいております。


■『Post@net』について
京都電子計算株式会社が提供する、大学向けインターネット出願システム。学生は募集要項(願書)を取り寄せる必要がなく、締め切り間際まで出願が可能になります。出願時に複雑化する入試形態の整合性確認も行い、またロゴマークやカラーを自由に設定できるため、大学・専門学校のアイデンティティを反映することができます。『Post@net』オプションとして志願から採点、判定、入学手続に至る入試業務サービスも提供しています。


*記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。


■商品についてのお問い合わせ先
株式会社マイナビ 教育広報事業本部 マイナビ進学開発部 データベースセンター
TEL  : 03-6267-4412
FAX  : 03-6267-4021
E-mail: axol@mynavi.jp

京都電子計算株式会社 ソリューション営業部
TEL  : 075-241-5552
FAX  : 075-241-5577
E-mail: posta@kip.co.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング