日本ペイントがベトナム北部に工場を新設 ~ 自動車用・二輪車用市場の拡大に対応 ~

@Press / 2014年10月10日 15時30分

ベトナム国内における日本ペイント関係会社所在地
日本ペイントホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、社長:酒井 健二)は、ベトナムにおいて3拠点目となる新会社Nippon Paint Vinh Phuc Co., Ltd.(日本ペイントビンフック、以下 NPVP)を設立し、今月(2014年10月)から新工場を稼働します。

当社のベトナムにおける事業は、1994年に南部ドンナイ省にNippon Paint Vietnamを設立、建築用、家庭用、構造物用などの塗料供給を開始しました。2005年にはハノイ北部に自動車用、二輪車用、工業用、自動車/二輪車補修用塗料などの生産工場(Nippon Paint Vietnam (Hanoi) Co., Ltd.、以下 NPVH)を立ち上げ、現在に至ります。

今回設立しましたNPVPの新工場は、同国で需要の拡大が続く自動車用、二輪車用塗料を中心に生産を開始し、将来的には工業用塗料、重防食用塗料などの生産も予定しています。また、新工場の稼動により、現在の2工場体制から3工場体制とし、特に北部地区、および工業用用途へのリスク分散を図るとともに、より安定的な供給を実現します。

NPVPでは将来の需要拡大に備え、敷地内に工場増設用地を確保しており、電着用塗料、水性塗料、建築用塗料などの事業拡大や生産の現地化を進めるとともに、顧客ニーズに対するきめ細やかな対応を継続することにより、同国における当社の事業基盤をさらに強固なものとしていきます。


なお、本年2月3日付のニュースリリースにてお知らせした通り、日本ペイントホールディングスは、アジアで展開中の持分事業会社の連結化を予定しており、今後も成長市場を確実に取り込むことで、業容の拡大を目指します。


【新会社概要】
会社名 : Nippon Paint Vinh Phuc Co., Ltd.
所在地 : ベトナム社会主義共和国 ビンフック省 Ba thien II工業団地内
代表者 : 近藤 雅夫
資本金 : 14,000,000 USD
操業開始: 2014年10月~ 順次本格生産
資本関係: Nippon Paint (Singapore) Co., Pte., Ltd. 100%出資
      (当社の出資比率は40%)
事業内容: 自動車用・二輪車用塗料の製造および販売
生産能力: 500t/月
敷地面積: 60,000m2

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング