日経BPコンサルティング調べ「スポーツ・オリンピック意識調査2014」 2020年東京オリンピックへの興味・関心は全体の6割で、年代による差が大きい

@Press / 2014年10月10日 12時0分

表1:オリンピックへの興味・関心
 「体育の日」(2014年は10月13日)を前に、株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、「スポーツ・オリンピック意識調査2014」の結果をまとめ、本日(2014年10月10日)発表しました。本調査は、全国の一般消費者550人に対して、2020年東京オリンピックにおける競技候補を中心に選んだ31競技の認知度や興味・関心、イメージなどを調べたものです。調査は、2014年9月17日~21日にかけて行いました。なお、本調査結果をまとめたデータ集を発売します。


【調査結果のポイント】
■ 2020年東京オリンピックへの興味・関心は全体の6割で、年代による差が認められた
■ 「バスケットボール」は、競技認知度が非常に高いが、興味・関心の喚起に課題があった
■ 「ラグビー」は、観戦意向が比較的高いが、興味・関心度に余地が残った
■ 「レスリング」「ボクシング」「馬術」「ウエイトリフティング」は、それぞれ特有の際立つイメージがあった
■ 近代五種、セーリングは、認知度が低かった


【調査結果より ― 全体結果】
◆ 2020年東京オリンピックへの興味・関心は全体の6割で、年代差が最大12.1ポイント
 オリンピックに対する興味・関心を5段階評価でたずねたところ、「ある」「まあある」と答えた方は、「2020年東京オリンピック」が全体の62.7%であった(表1)。
 興味・関心の違いを年代別でみると、「2020年東京オリンピック」について興味・関心がある人は、20代以下が56.8%と最も少ないのに対し、60代以上では最も多く68.9%。年代が上がるにつれて徐々に増え、20代以下と60代以上で12.1ポイントの差があった。また、月1回以上運動をしている人と運動をほとんどしていない人で比べた場合、運動している人の中での興味・関心は76.4%であるのに対し、運動をしていない人の中での興味・関心は53.6%。22.8ポイントもの開きがあった。

表1: http://www.atpress.ne.jp/releases/52268/img_52268_1.png

◆ オリンピックでは「日本選手の活躍」が最も期待される
 オリンピックで行われる競技・種目に期待し、楽しみにすることについてたずねた。表2に示す5項目中で最も多かったのは「日本選手の活躍」で70.2%、2番目に多かったのは「自分で経験したことはないが関心のある競技・種目」で25.1%、3番目に多かったのは「海外の選手の活躍」で19.6%であった。

@Press

トピックスRSS

ランキング