低カロリー酵素「エンザミン」のメタボリックシンドロームに対する有効性を発表 ~英国ケンブリッジ大学出版「Journal of Nutritional Science」に掲載~

@Press / 2014年10月10日 12時0分

肥満・2型糖尿病に対する予防的効果
株式会社エンザミン研究所(本社:大阪市北区、代表取締役:後藤 謙治)は、近畿大学名誉教授の松尾理先生らの研究により、発酵代謝物質・低カロリー酵素「エンザミン」の内臓肥満、インスリン抵抗性および2型糖尿病の病態を含むメタボリックシンドロームに対する予防効果が確認され、英国ケンブリッジ大学出版の著名な学術誌「Journal of Nutritional Science」に論文掲載されましたことを発表いたします。また、今年春には、米国サンディエゴにて開催された薬理学会や栄養学会が一同に会する「The Experimental Biology 2014」において、糖尿病セッションで第1位の研究に選ばれ、有効性が評価されました。

「Journal of Nutritional Science」Web版 掲載ページ(要約)
http://journals.cambridge.org/action/displayAbstract?fromPage=online&aid=9105254


●メタボ予防に有用な低カロリー酵素「エンザミン」
「エンザミン」は、長年、健康食品として広く使用されており、2型糖尿病、高血圧および血栓性疾患に対して予防的な効果があることがすでに証明されています。この度の研究では、肥満マウスに「エンザミン」を投与し、複数の観点からメタボリックシンドロームへの効果を確認しました。

・脂質および糖代謝異常の改善
・脂肪組織におけるアディポサイトカインの分泌障害の改善
・脂肪組織における酸化ストレスの抑制
・脂肪組織におけるマクロファージ浸潤の抑制
・マクロファージにおける炎症反応の抑制

以上のことから、「エンザミン」は、メタボリックシンドロームの予防に有用であると示唆されました。
これは一般的な高カロリー酵素食品群ではありえない快挙といえます。


※肥満マウスにおけるアディポサイトカイン発現・分泌に対するエンザミンの効果
エンザミン投与は、肥満マウスにおいて脂肪組織のTNF-α(a)、MCP-1、IL-6およびPAI-1のmRNA値と血清TNF-α値(b)を抑制し、かつ血清アディポネクチン(善玉アディポサイトカイン)値(c)を増加させた。このことは、エンザミン投与が肥満マウスのアディポサイトカイン産生障害を改善することを示唆している。
http://www.atpress.ne.jp/releases/52280/img_52280_2.png

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング