FOBASコンサルティング、世界初 最大128ノードの分散クラスタ構成をサポートするクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品の最新版を10月31日販売開始

@Press / 2014年10月29日 10時0分

FOBASコンサルティング株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:松下 悟、以下 FOBAS)は、世界初※1最大128ノードの分散クラスタ構成をサポートするクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品「FOBASクラウドストレージキャシュ(R)」(以下 FOBAS CSC)の最新版である、Ver.3.0の販売を2014年10月31日より開始いたします。


■背景
クラウドファーストという考え方の定着や、ビッグデータ時代のデータ容量の爆発的な拡大を背景に、クラウドストレージサービスやその基盤の要素技術としてのオブジェクトストレージの企業内への導入が加速しています。

それに伴い、それら新しい技術のストレージを既存のインタフェースから利用する目的で、クラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品にも注目が集まっています。

FOBASは、そのマーケットにいち早く注目し、2011年3月にSaaSでのサービスを提供開始、2011年9月には国産初の商用クラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品の出荷を開始しております。そして、2013年1月には、国内外の主要クラウド事業者に対応したVer.2.0をリリースするなど、常にマーケットをリードして参りました。


■最新版機能詳細
1) 大容量、大規模ユーザ、多拠点展開への対応
企業内でのクラウド適用範囲の拡大、およびデータ量の増加に伴い、ストレージ・ゲートウェイにも、大容量、大規模ユーザ、多拠点展開が求められています。

FOBAS CSC Ver.3.0では、メタデータのスリム化、バックアップの高速化により実装容量としてPB(ペタバイト)級のファイルシステム構築が可能になりました。また「ルーズリークラスタファイルシステム※2」を採用し、最大128ノードでのマルチノード構成が可能になりました。これにより、負荷分散による大規模ユーザのサポート、分散レプリケーションによる多拠点展開が可能になります。

2) セキュリティニーズへの対応
昨今の情報漏洩事件を背景に、企業内でのさらなる情報統制が求められるようになっています。

FOBAS CSC Ver.3.0では、ファイルシステムレベルでのPOSIX ACLによるきめの細かいアクセス権設定、およびファイルアクセスログ機能をサポートし、ご利用のサービスインタフェースに依存しない高い情報統制機能を提供します。マルチノード構成時も、単一のサーバから全てのノードの設定、管理が可能になります。

@Press

トピックスRSS

ランキング