親子の意識の違いに関する実態調査~母親が子供に今後教えたいこと、子どもが親に教えてもらいたいことは不一致な結果に~

@Press / 2014年10月20日 9時30分

図1 母親が子どもに教えてきたこと、子どもが親に教えてもらったことランキング
株式会社日本能率協会総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役:加藤 文昭)は、2014年7月、全国の小学4年生~中学3年生がいる600世帯を対象として「親子の意識に関する調査」を実施し、同世帯の母親と子どもそれぞれに調査を行いました。下記のような結果が明らかになりましたのでご報告致します。


【主な調査結果】
1:今までに母親が教えてきた・子どもが教えてもらったことTOP3は親子で回答が一致。
2:今後母親が教えたい・子どもが教えてもらいたいことは不一致に。親は基礎を、子はテクニックを求める傾向。
3:子どものものの選択者は、下着類は主に親、本・マンガやゲーム、おもちゃは主に子ども。
4:子どもが1年以内にねだったものは平均1万5千円。親子で回答した金額が一致は8割。


【調査内容】
1.今までに母親が子どもに教えてきたこと、子どもが親に教えてもらったこと

母親調査「あなたは、以下の項目について、今まで特に意識して、お子様に教えたり伝えたりしたことはありますか。」(複数回答)
子ども調査「以下の項目のうち、あなたが今までに自分の親からしっかり教えてもらったこと・やってもらったことをお答えください。」(複数回答)

●母親が子どもに教えてきたことは「基本的な生活習慣」がTOPで86.0%、次いで「基本的なしつけ」が84.7%、「社会生活に必要なルール」が83.5%と続いている。子どもに親から教えてもらったことを尋ねたところ、「基本的なしつけ」がTOPで66.9%、次いで「基本的な生活習慣」が63.4%、「社会生活に必要なルール」が57.8%と続いている。

●“母親が子どもに教えてきたこと”と“子どもが親に教えてもらったこと”を比較すると、母親の方が子どもより選択する割合が高い傾向にあり、特に「社会生活に必要なルール」(母親83.5%、子ども57.8%、と25.7ポイント差)が最も差が大きく、次いで「基本的な生活習慣」(母親86.0%、子ども63.4%、と22.6ポイント差)となっている。

図1 母親が子どもに教えてきたこと、子どもが親に教えてもらったことランキング(それぞれn=393)
http://www.atpress.ne.jp/releases/52505/img_52505_1.jpg

図2 母親が子どもに教えてきたこと、子どもが親に教えてもらったこと(散布図)
http://www.atpress.ne.jp/releases/52505/img_52505_2.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング