KVH、IBM SoftLayerとの専用接続サービス提供開始

@Press / 2014年10月23日 11時0分

アジアの情報デリバリー・プラットフォームを提供するKVH株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:東瀬 エドワード、以下「KVH」)は、お客様のオフィスやデータセンターとIBMのクラウドサービス「SoftLayer」を帯域保証型イーサネット回線で接続する「etherXEN for SoftLayer」サービスを、2014年12月より開始すると発表しました。インターネットを経由せずに、高速で安定的なネットワークで、専有型ベアメタル・サーバーなどで自社に最適なクラウド環境を構築できる「SoftLayer」へ接続することで、自社のITインフラの一部としてクラウドを利用するハイブリット環境の構築が可能となります。

昨今、企業のシステム基盤をパブリッククラウドとプライベートクラウドを併用した、ハイブリッドクラウド型の構築を望む声が高まっています。KVHは、2012年より、アマゾン ウェブ サービス(AWS)の「Direct Connect」への閉域網接続を提供し、コスト効率、信頼性、安全性、機動性の高い専用接続サービスを提供することで、こうした需要の高まりに応えてきました。今回新たに「SoftLayer」の閉域網接続サービスである「Direct Link」との接続を行うことで、ハイブリッドクラウドの新たな選択肢を提供致します。

2014年5月に発表した「etherXEN」は、将来的なSDN対応も視野に入れた次世代イーサネットサービスであり、KVHが従来強みとしてきた超低遅延、高品質のイーサネット回線の提供に加え、クラウドやデータセンターで必要とされる高い拡張性、柔軟性を実現するためのネットワークアーキテクチャーを備えています。

「etherXEN for SoftLayer」の主な特徴は以下の通りです。
・安定したパフォーマンス
インターネットを介さない専用回線で「SoftLayer」に接続することにより、お客様のビジネスに安全で快適な環境を提供します。品質劣化や遅延の影響を最小化し、安全性の高い安定したネットワークを利用することが可能です。

・超低遅延・高信頼性ネットワーク
金融サービスプロバイダーのミッションクリティカルなアプリケーションの要求を満たすKVHの超低遅延、高信頼性ネットワークによって、「SoftLayer」への低遅延かつ安定した接続が可能となります。コアバックボーンにおける高いレベルの冗長設計とオプションで冗長構成が可能なアクセス回線により、障害発生時には50msec内での自動切替が行われ、お客様サービスへの影響を最小化します。また、エンド・ツー・エンドでの回線帯域を保証します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング