NANAROQ株式会社、テクノロジー企業ランキングプログラム 第12回「日本テクノロジー Fast50」で18位を受賞~ 229.29%の収益(売上高)成長を記録 ~

@Press / 2014年10月20日 10時0分

 NANAROQ株式会社(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:佐々木 慈和)は、有限責任監査法人トーマツが発表した、テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(以下 TMT)業界の収益(売上高)成長率ランキング、第12回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」において、直近3年間の売上高成長率229.29%を記録し、50位中18位を受賞いたしました。

 このランキングは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(以下 DTTL)が世界約20ヶ国および北米・欧州・アジア太平洋地域の3地域ごとに実施しているプログラムの日本版で、TMT業界での成長性や成功のベンチマークとなっています。上場・未上場企業を問わずTMT業界に含まれる企業からの応募をもとに、直近3決算期の収益(売上高)成長率の上位50社がランキングされます。詳細は、 http://www.tohmatsu.com/jp/fast50/2014/ をご覧ください。


【Fast50受賞要因】
 当社の収益(売上高)成長率229.29%を達成した要因として、以下の点が挙げられます。
 NANAROQはアジアにおけるGRC(ガバナンス・リスク・コンプライアンス)のフレームワークとプラットフォームを提供する会社です。GRCとは内部統制・リスク管理・法規制対応の業務や情報を統合することで、企業のリスク対応能力を向上させる考え方、統合的管理手法として北米を中心に普及しています。国内コンプライアンスの市場規模は2兆円とも言われていて、年率8~10%の成長市場です。
 NANAROQは2009年にこのGRC事業をスタートし、少しずつ育ててきました。
 現在では売上の40%を占める事業となっております。

 この受賞について当社の佐々木 慈和より関係者の皆様に御礼を申し上げるとともに、まだ国内ではGRCへの認知は低いですが、現在の企業をとりまく環境を鑑み、GRCのフレームワークとプラットフォームは、企業にとってこれから必要不可欠なものになると考えています。NANAROQはアジアにおけるGRCプラットフォームを提供するリーディングカンパニーを目指してまいります。


【会社概要】
設立        :2005年3月
代表取締役社長兼CEO:佐々木 慈和
資本金       :1,600万円
本社所在地     :東京都千代田区三番町1-17 パークサイドアネックス6F
業務分野      :GRC関連事業

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング